• 実用情報

  • 「節約旅行」

  • 2005年6月2日


夏になると「アイスランドを安く廻る方法はありますか?」「予算があまりないのですが、いくらくらいあれば、アイスランド旅行ができますか?」「予算が15〜20万円なんですけど、1週間アイスランド旅行できますか?」というような質問がちらほらとあがります。

まず、安く廻る方法だけど、「安い」金額は人それぞれです。ホテルではなく、ゲストハウスに滞在するだけで、安く廻ってると感じる人もいれば、寝袋持参、あるいはテントで廻るのが安い旅行の人もいます。なので、安く廻る方法やいくらかかるかは、一概にお答えできないけど、1つだけ言えることは

時間と労力を費やせなければ、その分お金はかかります。=お金をかけたくなければ、なんでも自分でしなればならないと言うことです。

情報収集から宿やツアーの予約までこなすのはもちろん、現地で問題が起きた時に解決するのも自分です。また、基本的に日本にある、日本語で予約が出来る所は安くないので、現地に直接交渉する最低限の英語力は必要です。

とは言っても、最近はネットでいろいろ調べられるので、情報収集自体はそんなに大変じゃないと思うけどね。ただ、未だに料金の載っていないサイトもあるので、その際は自分でメイルする必要があります 。とりあえず、他にもいろいろあるけど、Icelandic tourist Boardは、一部価格も載ってるし、探し物に便利です。面倒でも1つ1つ開いて見ていってくださいな。

後は、あまり具体例はないけど、下記を参考に金額を割り出して、自分の予算に合うか、考えてくださいね〜。

渡航

日本からアイスランドに来る場合、チャータ便を除いて、直行便はないので、ヨーロッパの都市経由で、渡氷することになります。ヨーロッパの都市までの航空運賃は、季節や利用する航空会社や席によるので、価格は様々です。そして、夏場は悲しいことに、料金は高めです。

でも、乗り継ぎを増やしたり、安い航空会社を探せば、自分の予算にあった航空券がみつかるかもしれません。メジャーな都市までの航空券は種類も豊富ですから、いろいろなサイトが取り扱っていると思います。頑張って探してくださいね!(管理人は詳しくないので、オススメサイトはないです … (^^;))

次に、ヨーロッパーアイスランド間の航空会社。主にicelandexpressとIcelandairの2種類になります。icelandexpressは最近、フランクフルトにも就航したようだけど、日本から乗り継ぎの場合、同じ空港で済ませられるのは、未だコペンハーゲンだけな模様?でも、icelandexpressが時々提供している、片道のみ20ポンドや2ポンドの得々チケットは見逃せません!と思ったら、Icelandairも非日本語版で探すと、お得なチケットが有るみたいね。

お得情報はそれぞれのサイトでnewsletter配信の登録をしてくださいな。リンクからど〜ぞ。また、Dataの「アイスランドへの道ー空から編ー」もご覧下さいな。

現地で

(2009年注釈: 金融危機でISKが下がったとは言っても、やっと旅行者にとって他の国並みの価格になったくらいです。)北欧の例に漏れず、アイスランドは諸物価&物価上昇率が高いので、安くあげる為に出来ることは、

  1. 宿泊はユースや寝袋を持参するスリーピングバッグアコモデーションを利用する
  2. 食事は自炊かホットドッグなどの軽食で済ませる
  3. 都市間の移動手段はバス・飛行機・ツアーなどを比較検討して、適切なモノを選ぶ
  4. 市内(町村)観光のツアーに乗らず、バスや徒歩で廻る
  5. ペットボトル飲料や軽食は事前に購入し持ち回る

などがあります。いくら貧乏旅行とは言え、せっかくの旅ですから、ケチりすぎても楽しさが半減しちゃうんじゃないかと思うので、上記全てを実行するのでなく、予算や旅のスタイルに合わせて、旅程を立ててはいかがでしょう?

レート計算(英語)はこちらからど〜ぞ

1 は、寝袋を利用することにより、1泊素泊まり2500kr.前後で泊まれる所が多いので、宿泊費を節約できます。(最初2000kr.前後って書いたけど、今年の価格を調べて、びっくりしちゃった。ホント、毎年飽きもせずに値上がりするんだからぁ。ツインの普通の部屋が8000kr.なのに、ツイン寝袋6000kr.なんてのもあったのよ〜!信じられないっ。)ただし、寝袋を持ち歩く&相部屋になる可能性のデメリット?もあります。当サイトData内「スリーピングバッグアコモデーション」「諸物価ー宿泊施設編ー」やReportsを参考にど〜ぞ。

2 の食費は普通に外食すると、結構かかります。せっかくの旅行ですから、節約とは言え、自炊と外食をうまく使い分けて、メリハリのある食生活にするといいかも?レイキャヴィクのレストランはレイキャヴィクの観光局からリンクを飛ぶと、メニューが載ってる場合があります。


- - - 価格例 - - -

ファーストフードのセット
1000kr.前後〜
ホットドッグ1本
250 kr.〜300 kr.
パックのサンドイッチ
 bonusオリジナル
 その他
500mlペットボトル飲料
ガススタなど(地方ほど高価)
bonusなど安売りスーパー
昼食(飲み物込み)
レストラン

それにしても、節約旅行に外食は高いよね〜?なので、キッチンのある宿に泊まって、自炊すれば食費の節約ができます。全国的な安売りスーパーは↓の2店かなぁ。どちらもアイスランド語です。お店のマークを参照してくださいな。

kronan

bonus

↑首都近隣以外の数は多くありませんが、一部の地方にもあります。

3 の移動手段ですが、地方への移動はバス料金が安く、飛行機代が高いとは限りませんっ。飛行機利用でもネットオファーをうまく利用すれば、バスよりも低価格に動けます。また、ツアーも比較検討して選んでください。

2005年6月2日の時点でRey-Aku間の片道バス運賃が6200kr.。往復運賃だと9900kr.だそうです。(←電話で確認した所、最初、往復運賃は片道の2倍なだけと言われたのよ。なので、「割り引かれるって聞いたんだけど?」と言って、調べてもらったら…ありましたよ、割安な往復運賃が!ただ、この金額が合ってるかどうかは、実際に支払うまでわからないけど …(^^;))飛行機の場合、席数は限られますが、ネットオファーのアクレイリまでの片道チケットは5299kr.。

ネットオファーの金額は毎回変わるけど、仮に同額としても、バス移動は時間がかかるので、休憩回数が増える分、費用だけ見ると、休憩の度にお菓子やら何やらを、つい購入しちゃう人(_ _;)は飛行機より高くつくかもね。

バスも飛行機もそれぞれ利点があるし、お好みで選ぶのが良いと思うなぁ。

長距離バスはリンクのBSIから、国内線の飛行機はairiceland.isをど〜ぞ。また、Dataの「国内交通手段1ーバスー」もご覧下さいな。

4 の市内の移動は歩きかバス、と言うのは、基本的に市町村が小さいので、歩きやバスでも苦にならないから。観光局や主なホテルには、フリーマップが置いてあるので、それを頼りに歩いてみましょ。

レイキャヴィクシティバスを利用したい場合はStrætóをど〜ぞ。9回券以上が欲しい人はwww.straeto.is内のPricelistをご覧下さい。

5 は、休憩所や地方の小売店(死ぬほど高いっ)は、安売り店と比べて価格が2〜3倍以上するのもざらだからです。ペットボトル飲料や軽食を主要市町村にある安売りスーパー( 2 参照のこと)で購入し持ち回ると、便利で節約になります。

それに、道中、お店自体が少ないから、飲みたい時に飲料が手にはいるとは限らないしね 。(^^;) 休憩所間が遠い僻地でも、休憩所まで待たずに、好きな時に飲食できるのは身体に優しいんじゃないかな。

欧米のバックパッカーのように、食パンなどを持ち歩けば、どこででも食事にありつけるという、メリットがあります。初めてバスの中で、食パンの大袋をガサゴソさせてるのを見た時はびっくりしたけど、アイスランドという土地柄、食べたい時に食べる為には、食料を持ち歩くのは良いかもしれないね。でも、食パンは車じゃないとかさばって大変そう。(^^;)

おまけで「予算が15〜20万円なんですけど、1週間くらいアイスランド旅行できますか?」は現地での予算のみで飛行機代を含まなければ、切りつめて可能かと … 。とりあえず、↑を参照して、自分の予定に照らし合わせてみてくださいな。


ここに記載されている情報はりゅが個人的に各機関に問い合わせて集めたものです。アイスランドでは、法律・規則の類は日本と比べて格段に頻繁に変わります。更新した日付の上では確認していますが、詳細は変わる可能性がありますので、詳しくは直接それぞれの機関へお尋ね下さい。



© 2001-2011 coldnature.is