• 実用情報

  • 「お塩」

  • 2013年12月16日


Data

『NORÐUR SALT』と『SALTVERK』

気付いたらウェストフィヨルズ産のシーソルトが2種類ありました。わ〜いっ、o(^-^)o これで羊毛製品・乳製品・チョコレート・スモークサーモン以外のアイスランド土産?がもう1種類出来た〜。他の食品は生ものだから夏場はちょっと辛いけど、お塩なら重量はあっても鮮度はシビアじゃないから、パッケージも中々素敵だし、お土産にするのに手軽でいいかも。ってお塩じゃ職場へのお土産にはならないな?(笑)

さて、まずは左のお塩『NORÐUR SALT』から。ウェストフィヨルズのReykhólarで作られているシーソルトですが、これ、結構美味しいです!ウチは普段Maldonというイギリス産のシーソルトと食卓塩を使い分けてるんだけど、このマルドンのお塩と置き換えようと思えるくらいのお味かな。 Maldonと比べるとNORÐUR SALTの方が少〜しきつい気もするけど、細かい味の違いはなんて言ったらいいのかな ... りゅでは説明出来ないや。(^^;) 

とにかく舐め比べてみて、としか言いようがないんだけど、これらの味の違いは許容範囲なので、マルドンの買い置きがなくなったら、ウチではこれに変える予定です♪(ただ、実は購入して数ヶ月経つのに、現時点では舐めて味比べはしていても、まだ料理には使ってなかったりして ... )

試しにNORÐUR SALTとMaldonの新旧パーッケージを並べてみたよ。旧パッケージのがまだ残ってるなんて、マルドンをどれだけ買い置きしてるんだって話だよね。(_ _;)どれも似たような大きさなんだけど、左下写真のように同じパッケージでも下が柔らかくて沈んでるせいか大きさが違うように見えてます。でも左下写真の右側はNORÐUR SALTの背面なので、同じ大きさのハズなんですよ。

Data Data

http://www.nordursalt.com/

ちなみにMaldonは昔スーパーにあったのでたまたま買ってみたら美味しくて、以来ずっと使ってたんだけど、後から日本でも良く知られたお塩だと聞いてびっくりしたのよね。だって、アイスランドでは他にもちょっと高級目なお塩はいくつかあって、全てを試した訳じゃないけど、試したお塩はどれもが『可でもなく不可でもなく』だった中、マルドンは料理の味が確実に変わったから、ウチは気に入ってただけなんだもん。まぁ、有名無名は置いといて、美味しきゃいいんだけどさ。

NORÐUR SALTは普通にスーパーに売ってるので、皆さんも旅行に来て見かけたら、手に取って見てね。お値段もアイスランドではイギリス産のマルドンよりお手頃です。(そう言えば、昔調べたとき、マルドンの日本での販売価格にびっくりしたんだよね。まぁ、ヨーロッパから日本は距離があるからしょうがないのかなぁ?)

Data

http://www.saltverk.com

次に『SALTVERK』もウェストフィヨルズのReykjanesで作られているお塩なんですが、 ... 2013年の時点ではまぁ、良くある『可でもなく不可でもなく』なお味でした。こちらも普通にスーパーで売られているのでアイスランド土産の一環で試すのはアリかもしれないけど、ウチ的には2度目はないかなぁ。ごめんよ ... 。(^^;) でもアイスランドでは知らない内に味が向上していることもある(逆も然りだけど)ので、今後に期待します。

とりあえず、ウェストフィヨルズ産の品が増えて良かったぁ。


ここに記載されている情報はりゅが個人的に各機関に問い合わせて集めたものです。アイスランドでは、法律・規則の類は日本と比べて格段に頻繁に変わります。更新した日付の上では確認していますが、詳細は変わる可能性がありますので、詳しくは直接それぞれの機関へお尋ね下さい。



© 2001-2013 coldnature.is