• 実用情報

  • 「散歩のススメ」

  • 2002年8月5日


夏にアイスランドを訪れたら、ぜひ試してもらいたいのが、夜中の散歩。特にレイキャヴィクはオススメです。日本人にはなじみの薄い白夜ですが、アイスランド人にとっては、ただ夜が暗くないだけで、普通の生活を送っています。当然真夜中は(特に平日)寝静まっているので、街中を歩くと、明るいのに誰もいないと言う不思議な体験をすることができます。まるでゴーストタウンみたい。「世にも奇妙な物語」、はたまた「ウルトラQ」の世界が味わえますよ。

またレイキャヴィク(レイキャヴィクの周りに広がるグレーターレイキャヴィクぢゃない)は小さいので、歩くのもそんなに大変じゃありません。特にダウンタウンを中心として海岸まで足を延ばすコースは手頃です。ただ、ちょっと離れると、新興住宅地になってしまうので、昔の街並みにを見たい人は家が新しくなってきたなぁ、と思ったら、進路を変えてみましょ。

Data

レイキャヴィクに居た時のうちのお気に入りのコースをお見せしちゃいます。ダウンタウンからホテルサガの方向にどんどん降りいくと、歩いて20〜30分くらいでこんな海岸沿いに出ます。左側に見えているのが、ゴミの焼却所か何かなのだけど、匂いもしないし、ここからの朝陽兼夕陽は最高でしたよ。歩いてもいいし、スケボーでもローラーブレードでもよし。

こんな説明でみつけられるかな?この遊歩道は結構長くて、途中お墓なんぞもあります。お墓を覗いてみると、何月に誕生日が集中してるか分かって、ある意味興味深いかも。ただ、途中で空港の柵が遊歩道を遮っているので、そこではちょっと内側の敷地を通る必要が有ります。ダウンタウンから逆方向に歩いても別の海岸沿いにでるけど、こちらは工業地帯を通過したりして、個人的にはちょっとつまらなかったかな。とは言え、きれいですけどね。

ただ、8月初旬の現在、ゴーストタウンを見るには、ちょっと遅かったかな、と言うきらいが・・・。もちょっと早く書けば良かったかな。


ここに記載されている情報はりゅが個人的に各機関に問い合わせて集めたものです。アイスランドでは、法律・規則の類は日本と比べて格段に頻繁に変わります。更新した日付の上では確認していますが、詳細は変わる可能性がありますので、詳しくは直接それぞれの機関へお尋ね下さい。



© 2001-2011 coldnature.is