• 実用情報

  • 「1人旅と安全」

  • 2003年11月10日


一緒に来る人を見つけるのが大変という話をたまに聞きます。日本では、まだまだアイスランドはマイナーな国なせいかもしれません。また「女性の1人旅でも安全でしょうか?」と言う質問もたまに受けます。

はっきり言って・・・日本などと比べて遙かに安全です。(2008年秋の金融危機発覚後、多少治安が悪くなったと言われても、日本よりよほど安全に感じます。)基本的に気のいい、大らかな国民性に加え、島国という立地条件からか、はたまたその少ない人口故か、危険は少ないと思われます。首都Reykjavikで、夜中に部屋の鍵を廊下側にさしたまま、寝てしまった旅行者の方もいますが、それぐらい何もない国なんです。まっ、鍵は内側にあったがいいですけど。(笑)

逆に夜中に着いた場合、1人だと、周りに人がいなさすぎて、こわいかもしれませんね。なにしろ、変な所で降りてしまった場合、タクシーすら見つからないかもしれないのですから。まぁ、Reykjavikのフライバス発着所にあるホテルで、タクシーを呼んでもらえるので、実際にはそう言った心配はないと思います。

数年前、Reykjavikに住んでいた頃、週末の夜中に、酔っぱらっいの多い、比較的柄の悪そうな所を通ったりしましたが、日本の男性間で起こる、”目が合った、合わない”から始まるケンカのような徴候はぜんぜん見えませんでした。日本人の方がよっぽど柄悪いぞぉ〜ってくらいです。(笑)絡まれたことはないのですが、もし絡まれたら、強気に出ると相手は引いちゃうかも知れませんよ。何しろ、実は小心者が多いのでね。

もし、英語で言えないのなら、日本語でもいいと思います。ただ、大人げないからと、我慢してしまうと、弱者に強い人が多いせいか(^^;)、よけいに話がこじれるかもしれません。とにかく、ほとんどないとは思いますが、何かあった際は強気で行きましょう。

また、地方都市(と言うより、村的な規模ですが)などは、安全そのものです。泥棒の心配なんて皆無。外国人旅行者の方が逆に危ない存在では?と思ってしまえるほどです。この国の出入り口がKeflavikにある空港と東のSeydisfjordurにあるフェリー発着所の2箇所だからかもしれません。最近はReykjavikのお店でも監視カメラをつけた所も増えましたが、これも外国人が増えたせいかもしれませんね。今まで「あ・うん」の呼吸で暮らせていたのに、外国人というよそ者が来たので、良くも悪くも規律が変わる、と言うのは、ありえますから。でも、まだまだ安全面では十分に過ごしやすい国だと思いますよ。

とは言え、万国共通ですが、その場所が安全か危険かと言うのは、もちろん自分次第です。自から危険そうな所、怪しい所へ行ったのでは、だいたいが安全な国でも、危険になることがあります。旅は自己責任で楽しく過ごしましょう!


ここに記載されている情報はりゅが個人的に各機関に問い合わせて集めたものです。アイスランドでは、法律・規則の類は日本と比べて格段に頻繁に変わります。更新した日付の上では確認していますが、詳細は変わる可能性がありますので、詳しくは直接それぞれの機関へお尋ね下さい。



© 2001-2011 coldnature.is