• 実用情報

  • 目で見る「冬の日照時間」

  • 2005年1月10日


アイスランドの冬は暗いです。まぁ、その分夏はず〜っと明るいので、しょうがないとも言えます … 。

でも、実際に冬場に旅行に来たことのある方以外は、「暗いので冬場は観光出来る時間が短い」と聞いても、どうもピンとこないようですね。と言うことで、2004年冬至の前日(^^;)の様子をお見せしちゃいます。

2004年12月20日の日照時間

Data

朝7時です。当然のように暗いですねぇ〜。でも、この時間なら、まだ暗くてもそんなに驚かないかな?赤いのはHveragerdiの町明かり&温室光が雲に反射している為です。


Data

朝8時です。やっぱり、まだまだ暗いです … 。雲が切れてるので、7時よりも暗く感じますね。 バックが黒なので、見にくいなぁ。


Data

朝9時です。これまた、やっぱり、まだまだ暗いです … 。赤いのは、明かりが舞っている雪に反射しているせいです。


Data

午前10時です。やっと少し明るくなってきました。でも、まだまだ薄暗いですね。


Data

午前11時です。おっ、明るくて昼間みたいですね〜。って、もうすぐお昼だけど … 。 これくらい明るくなれば、動きやすいね。


Data

午後12時です。ちょっと曇り気味で暗いけど、これは普通の昼間だね。


Data

13時です。この時間くらいが明るさのピークかな?


Data

14時です。まだ普通に明るいよ。って言うか、コメント書く内容がなくなってきたなぁ。(^^;)


Data

15時です。そろそろおウチに帰る時間ですよ〜。明るい時しか出来ないことは、この辺で止めときましょう。 と言いたくなる頃ですね。


Data

16時です。曇っているせいか、もうこんなに薄暗くなってきちゃいました。ホントはもうちょっとだけ明るいのかな?


Data

17時です。真っ暗になる直前ですね。かろうじて、周りが多少見えます。


Data

18時です。ここまで暗くなると、もう、夜と変わりません。って言うか、普通に夜です … 。


Data

19時です。同上 … … (^^;) またもや雪か霧に町明かりが反射してます。


とまぁ、こんな感じです。如何でしたか? ご覧のように、明るい時間が本当に短いのが、目に見えて分かったと思います。ですから、冬季に旅行の計画を立てる際は、内容によっては活動できる時間が非常に限られることを考慮してください。暗闇で観光しても、ろくに見えないですしね。また、当然ながら、曇るとこれ以上に暗くなります。

日本だと、日が短くなるのは、それほどくっきりとは感じにくいかも知れませんが、夏冬の日照時間の差が激しいこの国では、冬至に向かってだんだん暗くなっていくのを、ハッキリと感じることが出来ます。でも、その分、冬至が過ぎれば明るくなる一方なので、気が付くと明るくなっていて、うれしくなるんですよ。まっ、暗いのも嫌いじゃないんだけどね … 。

さて、この日の気温は寒かったことしか覚えてないけど、3日後は前回のフォトエッセイに載せたように、ちょっと寒めのマイナス11度でした。風が吹くと、泣けますよ〜。

ちなみになんで、冬至の前日かと言うと、単にお天気の良い日を待ってたから&冬至当日に晴れるかどうかもわからなかったから。それに、1回やったら、冬至当日に撮り直すの、面倒になっちゃった(^^;)、て言うのが、本音かも。

おまけで↓これは、同日24時頃。解放時間が長いと、こんな感じになります。

Data

ここに記載されている情報はりゅが個人的に各機関に問い合わせて集めたものです。アイスランドでは、法律・規則の類は日本と比べて格段に頻繁に変わります。更新した日付の上では確認していますが、詳細は変わる可能性がありますので、詳しくは直接それぞれの機関へお尋ね下さい。



© 2001-2011 coldnature.is