毎週1回何かしら更新・・・予定(_ _)ゞ
詳しくはWhat's new?をご覧下さい

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。 ばっくなんば〜は こちら



「盆踊り大会」

2004年9月3日

さて、掲示板でK-ta氏が書き込んでいた、「Japan Day」というイベントが、去る8月29日に、Kopavogur市のコンサートホールSalurinnで行われたので、密着?取材してみたよ〜。

コレは2005年愛知博で、アイスランドのホストシティになった、知立市からの万博に向けた文化交流イベントなもよう。ちなみにこの日の題目は


・民踊のステージ
・茶道
・華道
・書道
・折り紙
・写真
・郷土玩具
・盆踊り

うわぁ、当たり前だけど、思いっきり日本的な内容↑だわ。アイスランドで盆踊り大会をやってしまおうというのが、すごいよね。ココまで大がかりな日本的イベントは初めてのようだし、どうなるのかな?ドキドキ … 。 と、そんなこんなで、今回は写真が多くて、いつものフォトエッセイ4回分ほどになっちゃいました。まぁ、ちょっと重いけど、お付き合い下さいな。

それにしても、直行便じゃなくなってしまった、アイスランドエアーのチャーター便のおかげで、準備時間が少なくなってしまって、かなり大変だったみたいだけど …  

まずは前日↓の様子から …

翌日のため、下見と準備に到着。 でも天気が悪くて皆さん寒そうでした。 明日の天気が心配だなぁ〜 到着後は向かいのカフェで昼食。  日本人がいっぱいで、なんだか高速のサービスエリアみたい。
セルフサービス方式だけど、全て出来たて。  スープの味がちょっと濃かったかなぁ。 メニューは、マッシュルームスープ、サラダ
白身魚のクリームソース 、パンに飲み物。 これだけでも結構量あるよ。
さて、食事が終わったら、会場の下見です。  ふむふむ、なるほど …  ってな感じかしら? ここは踊りを披露する場所なんだけど、全員で下見。 客席に座ってる人もいたりして。
こちらはロビーのスペースでお茶の準備。
日本から持参した毛氈を敷いて … っと。 手作りな感じがいいよね。
右のおじさんが会館の人。その名もヒルマル。 音響や照明なんかも彼が管理しています。
その頃、お花の先生は花の買い出しに …
先生「あら〜 高いわ〜」
たいちょ「せ、先生、それ禁句です」
結局買ったのはこれだけ 今日のテレビ取材用だからいいよね。 ちなみにこれで1700円くらい
久々に間近で見るお茶の道具。 いやぁ〜 なんだか本物っぽい。(本物です) 手の空いた人は当日のプログラム折り。 着ているのは知立市観光協会のはっぴでした。
周りが準備を進める中、お茶を点てます。 う〜む、いい雰囲気。 ちなみにやかんはテンポラリ。 シャカシャカ …
おぉ〜、アイスランドでコレが見られるとは、 … ちと感動。
少しずつ準備が整います。 お茶の先生は、皆さんの為にシャカシャカしてます。 後ろ姿だけど、なんだか風格が …
やっぱり日本文化っていいね。
そうこうしているうちに、テレビが到着。 これで翌日の宣伝はバッチリさっ! 前日の取材はテレビだけでした。 テレビ用にステージで盆踊り。 本当は盆踊りは野外なんだけど、まぁ雰囲気と言うことで。
さて、踊りの後はお茶とお花を撮影。 大体の打ち合わせをしています。 キビキビと的確な指示が … (笑) いや〜、これって緊張しそうな場面だなぁ。 なぜか周りもシーンとしてました。
ゆっくりとした動きが印象的でした。 こういうのってアイスランド人でも分かるかなぁ? こちらはお花の撮影。 さっき買ってきた花を、生けていきます。 これって、投げ入れって言うのかな?
こちらは折り紙の撮影。 みなさま並んで折り紙してます。 これは踊りの先生の帯。 余りにも綺麗だったので撮ってみました。(笑)
こちらは写真展のみなさま。 連絡の行き違いで、パネル用ボードが足りなくて、厚紙で増設。 だんだん形ができてきました。 写真の展示が終わったところで、前日の準備は終了。
さて当日は、ウソのような晴天。 本当は打ち合わせで、アイスランドの旗と日本の旗を交互に2つ飾るはずだったんだけど … 、忘れていたみたい。 本番用に小物の準備をします。 これはお茶菓子を入れるための折り紙の器。
知立市は愛知万博でアイスランドのホストシティーになるので、 万博のパンフレットも置いておきます。 準備も一段落したら昼食です。 昨日と同じところで、みなさんお食事。
ビュッフェ形式なので、好きなだけどうぞ。 って言っても、一皿で十分な分量かな。 今日のメニューは …
野菜スープ、オムレツ、パスタのクリームソース、サラダ、パン、飲み物でした。
食事が済んで会館へ …
この写真、ここはどこ?ってくらいに、左右のギャップがいいよね。
やっぱりこれだけ和服の人がいると、随分と声を掛けられます。 中には記念撮影を頼まれる人も …
催し物に参加しない人もいました。 会館の横にあるベンチでゆったりしてます。 いやぁ〜 気持ちよさそう。 写真展の人が記念に撮影して歩いていました。 座っているのは、お花の先生達。
こちらはお茶の先生が撮影中。 天気がいいと外に出たくなるよね。 なぜか敷地内のタンポポを記念撮影。 本番でお手伝いをしてくれるアルニ君。 日本語を話すアイスランド青年。 彼は9月の半ばから日本に留学の予定です。
こちらはステージの司会進行をしてくれるマリコさん。 アイスランドのテレビで、ドラマや司会をしている女性でした。 本番前の楽屋。踊りのみなさま準備万端。 期待と緊張の時間かな?
3時開催だったんだけど、2時半くらいから人がちらほら。 「せっかく来て下さったんだから … 」と皆様の意向で、早めに開場です。 会場前にもかかわらず、そこそこの人出。 実は、30人くらいしか来なかったらどうしよう … と、本気で心配していたのでした。
お習字のコーナー
あなたの名前を日本語で … というヤツ。 すでに順番待ちができてました。
さて3時、踊りのステージが始まります。 司会のマリコさんが開催の趣旨などを話します。
こちらはK-ta氏。 知立市代表の挨拶でした。 そして踊りの先生の挨拶。 マリコさん以外は全て英語で話されました。
予想を裏切った人の入り。 実は空席が目立つと格好悪いから、2階席は閉める予定だったけど、2階まで埋まりました。途中立ち見もちらほらと … 踊りの舞台はこんな感じ。
演目は計11曲でした。
これは音響ブースから撮影
実は本番30分前に「ボクは音響やらないよ」とヒルマルの一言で、急遽たいちょがやることに … 。ま、この手のことには慣れてるからいっか。(笑)
ホール内で踊りの公演中にもかかわらず、ロビーにもかなり来場者がいますね。
こちら、折り紙・習字のコーナー
家族連れが多い為か、かなりの人混みです。
特に習字のコーナーは大盛況で、大変な混雑ぶり。アルニ君が名前辞典で意味を調べて、習字の先生が次々へと書いてゆきます。
お習字の先生は高齢にもかかわらず、何百人分もの名前を書いてくれました。途中、名前リストを作らないと捌けないほどの人だったのに、「せっかく来てくれたんだから … 」と頑張ってくれました。先生お疲れさまです。 こちらのお茶は、その雰囲気からか、みなさん距離をおいて静かに鑑賞してました。やっぱり撮影が一番多かったのは、このお茶のコーナーかな。
さて踊りの舞台が終わったら、浴衣の抽選会です。 浴衣進呈10人分なので、希望者同士でじゃんけん大会。 アルニ君がじゃんけんを参加者に説明してます。 でも、アルニ君、マイク使ってね。(たいちょ困惑)
じゃんけんぽん!
っていきたいところだけど、かけ声はアイスランド語で「いち、に、さん!」でした。ま、しょうがないかな。
「あの〜、あいこはどうするのよ?」
ま、そんな感じがアイスランドっぽくていいかも。
勝った人は浴衣を着て、そのまま持ち帰れます。 みなさん着方に試行錯誤。 着方が分からない人は、おねいさん達が着せてくれます。 時間の関係で、上から着るような感じでした。
みんなそろって記念撮影。
アイスランド人の浴衣姿って余り見られないかも。
浴衣の抽選が終わって、ロビーの展示場はかなりの人混み。 お茶のコーナーもフル回転です。
やっぱり折り紙コーナーと習字コーナーはかなり混雑してました。 折り紙コーナーは言葉が通じないのに、意志の疎通は図れているのがすごい。 もうバーゲン開場みたいな状態。
りゅは小さいから写真撮るのも一苦労です。在留邦人の子供達が通訳してくれたりして、ずいぶん助かりました。
これを書いてもらっておいて良かったぁ〜。 アイスランドで「満員御礼」ってステキかも … さてさて、催し物最後は盆踊り。 最初は踊りの人たちが踊ります。
少しずつ来場者も輪の中に … 最初はただ歩いているだけなんだけど、段々見よう見まねで踊り始めるのがすごいね。 踊りの先生は、太鼓を叩いて景気づけ。 どんどん踊る人が増えてゆきました。
後半はみんな揃って盆踊り。 なんかすごいな〜、アイスランド人が盆踊りだって。 浴衣を着ながら、ジュースを飲むなんて、アイスランドじゃそうそうできないわよ〜
聞き慣れないリズムに、アイスランド人も珍しそうに聞いています。 アルニ君も輪の外から見てます。って、踊ろ〜よ。シャイなんだからぁ。
催し物終了後はKopavogur市主催の立食パーティーがありました。豪華な食事で大満足。くじらのお刺身まであったのにはビックリ。 知立市・Kopavogur市の双方から、挨拶などがあり、その後催し物で使った太鼓の贈呈式になりました。市長の前で太鼓を演奏。
太鼓と目録を持っての記念撮影。 Kopavogur市長と知立市長代理の方、それと踊りの先生達。 「Let's try!」 と言うことで、なぜか市長さんが太鼓を叩くことに … 結構楽しそう。
これ、前代未聞です。(笑)
立食パーティーで炭坑節です。
しかも市長に教えてるし …
しかも市長も踊ってるし … (笑)

今回の催し物「Japan Day」は、お天気にも恵まれ大成功のうちに幕を閉じました。当初は本当に来場者が30〜50人くらいかも … と不安もあったけど、結果的に700人近くも来場者があって、逆にビックリ。日本人も「こんなにアイスランドにいらしたのね〜」ってほど、たくさん来て下さいました。また、片言でも日本語を話せるアイスランド人も結構いらしたんですよ〜。

ーーー後日談ーーー

その後、知立市文化協会の方々は、帰国まで観光をされたんだけど、天気が悪くて気の毒でした。でも、帰国前日の夜、綺麗なオーロラが出て、みなさん大喜び。今回の日程の中で、開催当日だけは抜けるような晴天で、結果的には良かったのかな。雨じゃ盆踊りできないもんね。


帰国用の飛行機。

今年は直行便じゃなかったようだけど、アイスランドエアの飛行機じゃなかったのね。ポルトガルの飛行機でした。なんと今更トライスター … 。マニアには垂涎ものらしいけど、残念ながら、今回の旅行者にはいなかったみたい。









もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ