残念ながら、もう少し更新が遅れちゃいそうです。11月半ばから末には、通常更新に戻れそうなので、もうちょっとお待ち下さいねっ!


アイスランドから送るふぉとえっせ〜。ばっくなんば〜は こちら




「いつの間にか・・冬」

2002年11月 5日

 
とある土曜日、2〜3週間前かな、ちょっと所用があって、ウエストフィヨルズの入口まで行ってきました。ここ一月ほどあまり昼間に外出していなかったので、いつの間にか紅葉も終わり、葉が落ちているのにびっくり。気が付けば、うちの周りは木枯らしが吹いて、冬っぽくなっていました。まっ、籠もっていたからしょうがないかな。(笑)それに、いくら冬っぽくても、この様子じゃ、雪はまだそうだしね。

ところが、レイキャヴィクで買い物を済ませ、のんびり走って、70キロほど北上した所にある村「Borgarnes」に着く頃に、なんと雪が降り始めちゃったのです。もちろん、当時、南部では雪なんて降っちゃいません。だからタイヤも夏タイヤのまま。でも、ここまで来ちゃったら、しょうがないよね。Borgarnesで雪ってことはウエストフィヨルズの入口でも渋いかなぁ、とりあえず、いける所まで行ってみよう、と進んでみました。



 
案の定Bru(uは特殊文字)を過ぎた辺りから、舞う雪が多くなってきてビビリ始める、りゅ。だってぇ、雪って恐いんだよ。周りにもこんな↑↓感じに、うっすらと雪が積もっています。でも幸いなことに、午後2時頃のせいか、車の中から受ける日射しは柔らかいし、路面にも雪が積もってません。それに、降り始めの証拠ってみたいに、積もった雪の向こうに青々とした牧草が見えるでしょ?



 
まぁ、表はさすがに冷えるけど、足下だって、サンダル履きのまま、こうやって写真も撮れるくらいのもの。キーンと冷えた感じが、やっぱりいいなぁ。それに、一部しかお見せできてないけど、景色もきれい。やっぱり変化に富んだ風景の方が面白いよ。もちろん、これなら平気そう、と、もっと進んでみました。



 
ところが、ちょっと内陸部を進み、フィヨルドを右下に見ながら走っていくと、路面に所々雪や氷が見え始めてしましました。ひょぇ〜、こんなところで、ちょっとでも滑ってたら、あの世に逝てしまう・・・。ここで珍しくすれ違った対向車も、速度は遅かったなあ。やっぱり、キレイでも景色に見とれちゃダメよん。(笑)



 
とりあえず、目的地に到着し、そのまま帰路についたのだけど、南下するに従って、やっぱり雪は減っていきました。当然レイキャヴィクやうちの周りには雪がありません。でも、今までは毎年9月に初雪が降っていたボルンガヴィックを思えば、そこまでで、正解だったんだろうね。今回はHolmavikの手前までしか行かなかったけど、ちょっとだけウエストフィヨルズの雰囲気が味わえて良かった〜。久しぶりのお出かけでした。

* ボルンガヴィックではなぜか、vikを強く発音するので、
  ヴィク・ヴィークではなく、ヴィックに近い音に聞こえます。


------------------------------------------------------------

おまけ

レイキャヴィクより数日遅れて10月最後の月曜日、ここ南部でも初雪が降りました。ところが掲示板のkazuさんの初雪報告の書き込みを見て、ヤバイと思ってはいたものの、上にも書いてるくせに、諸事情からまだタイヤ交換を行っていなかったのです。←忙しかったんだってばぁ・・・しかも、今年は冬タイヤを買わなきゃいけないし・・・。

実はこの間の車検の時に、うちの村にもガレージがあることを発見したんだよね。だけど、そこは日本どころか、アイスランドでも経験したことがないくらいに、ずさんな仕事ぶりで、おまけに壊れていなかったものが壊れて返ってくる、仕事は遅い、そのくせ料金は他よりも高いという、とんでもないところでした。田舎だから何だろうけど、もちろん、その後は大ゲンカ。2度と行くもんかっ、と心に決めていたので、そこで冬タイヤを買う気は起きません。

なので、日を選んで(だつもりだった・・・笑)、時間も14時頃の一番温かい時間に最大難関のHveragerdiーReykjavik間の山越えが出来るように出発して、Reykjavikまで夏タイヤで行ってきました。Selfoss近くまでは雪が覆っている所が多かったけど、後は思っていたより路面は見えていて、ホッ。でもへたなブレーキは踏めない状態。ちょっとでも滑っちゃうからね〜。

時速50キロくらいで行ったけど、たいちょが必死に運転している脇で、りゅは”うわぁ、やっぱり雪ってきれいだなぁ”とボーっとしておりました。夏タイヤでこの時期、事故っても保険は支払われないらしいし、無事Reykjavikに着けてよかった〜。\(^o^)/ もちろん、よい子は真似しないでねっ。雪の運転は、Bolungarvik時代に冬場フィヨルド沿いを毎日80キロ走っていた甲斐がありました。(笑)

この日に行ったガレージは車を買った時に知った所だけど、ここのお兄さんが、またいい人なのだよ。仕事もちゃんとしてるしね。この日はめちゃくちゃ混んでたけど、お気に入りのガレージができたし、100キロかけても、これからも通うぞぉ。(←マジ)

でもね、現在うちの周りには雪がありません。(^^;) 
一体、あんな日を選んでいったのはなぜだったのでせう?










もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ