Photo Essay
photo essay

なんか、みどりぃ

Hveragerði の奥へ2〜3キロ歩いて行くと、天然川温泉があるらしい。という話を聞いたのは南部に出て来てすぐのこと。以来長年行ってみたいと思いつつも、りゅが動けなくなっちゃったし、近いといつでも行ける気楽さからか、どうも腰が重くて未だ未訪だったReykjadalur の天然川温泉。

ところで7月に Cold Nature の掲示板でその川温泉への行き方が話題に上ってたんです。最初に行き方を尋ねられたのは、らくださん。(ウェブサイトはこちら「らくだジャーナル」

で、りーたろうさんのブログなんぞをご紹介しているうちに、のりにゃんさんもちょうどいらしてたし、良い機会だと思って、(たいちょが(^^;))ご一緒することに。

photo essay

朝ゴハン♪

さて、当日。朝からHveragerði のバス停と言うより、N1(旧エッソ)でらくださんと待ち合わせをし、まずはHveragerði のパン屋さんで朝ゴハン&自己紹介です。みんな朝だからかパン2つだけど、1人元気に3ついける人が。 うん、ただのパンでも、食は基本よね。(笑)

りゅなんて、一緒に行かないから頑張って食べる必要ないのに、雰囲気に釣られてちょっと無理して食べちゃいました。歩かない人がこんな激甘(を選んだのは自分)高カロリーのもの朝からしっかり食べなくても良かったと後から気付く、おバカりゅです ... 。とりあえず、みんな腹ごしらえしたってことで、ヨシとしましょ。

全然関係ないけど、 Hveragerði の Bonus 脇に今年の春に出来たこのパン屋さん、アイスランドのパンにしてはフワフワな方でおいしいのよ。マカロンも前に見かけたし、店主さんが修行したのは、北欧じゃないのかも?なんて勝手に想像しちゃったりして。

今のところアイスランド1お気に入りのパン屋さんです。でも隣のカフェが先日潰れちゃったから、ここも心配。冬が1番厳しいもんね。頑張って潰れないで欲しいものです。

photo essayphoto essay

いってらっしゃ〜いっ

朝ゴハンを終えたら、車で行ける所までお見送りです。りーたろうさんはここまで自力で歩かれたから時間がかかったみたいだけど、車があればこの駐車場から温泉までは3.3 km の道程なので、町中から歩く場合の半分くらいで済むみたい。この日は観光シーズン中の休日なせいか、駐車場にもたくさん車が停まってました。(駐車場には刺さない蚊がたくさんいましたよ)

そんなこんなで、らくださんとのりにゃんさんが前方を歩いています。後から聞いたけど、らくださんはとても健脚なのだそう。すごいなぁ。ちなみにりゅはここでお別れし、一旦家へ帰りました。

photo essayphoto essay
photo essay

お天気も良いし、みなさん、歩く・歩く

去年の地震のせいか、所々にある『Danger』の看板の周りは熱くなく、何の看板も無い所でお湯がボコボコ沸いていたんだとか。

ところで、実はこの日の前日までず〜っと天気が崩れていて、夏なのに寒かったんですよ。なので、防寒の備えをして出かけた、たいちょ。ところがこの日はアイスランドの夏だったようで ... 。カメラ&三脚(ちょっと重めのヤツ 軽い方を持って行けば良かったのに、安定感重視で重い方を選んで持って行った)に、フォトエッセイ用にりゅに持たされたデジカメと、機材は重いし、暑いし、ココの所運動不足だった、たいちょ。あっさりと熱射病もどきになり、ダウンしてしまったのだとか。

のりにゃんさんが脈を診てくれて、とりあえず休めば大丈夫そうと判断されたので、たいちょはその場に置いて、のりにゃんさんとらくださんは進むことになったんですって。

しかもね、ここにこっそり書いちゃうけど、たいちょは熱射病に塩分が必要って認識がなかったみたい。と言うより、塩分のことは知っていても、熱射病はどこか暑い国の話だと思っていた節のあるたいちょ。まさか自分が涼しいアイスランドで熱射病で倒れるなんて、想像すらしてなかったみたいなのよね。どちらかと言うと、エネルギー切れを心配して甘いものばかり持って行ってたんだもん。(^^;) そりゃ、熱射病には効かないわなぁ。多分日本から来た日本人ならこの程度の気温で熱射病になんてならないんでしょうね。善くも悪くも、アイスランド仕様の身体になっちゃった、たいちょでした。

photo essayphoto essay
photo essayphoto essay
photo essayphoto essay
photo essayphoto essay

天然の川温泉♪

そんなこんなで、たいちょが追いついた時には、お2人ともすでに川温泉の中だったそうな。う〜ん↑気持ちよさそうよね。温泉に入ったお2人曰く、適温の所にはドイツ人?がいたから、ちょっと熱い所に入ったらしいんだけど、それでもちゃんと『温泉』していたみたいです。ドイツ人の子供が熱がって、なかなか入れなくて大変だったんですって。

でね、元々たいちょは温泉に入る予定はないから、のんびり高台に座って写真を撮ってたらしいんだけど ... なんかねぇ、変な写真ばっかり撮っちゃったのよ。何しろ、ここは天然温泉。更衣室なんてありません。

そしてたいちょは景色を撮ってたけど、ファインダーの中に人が居ても、風景の一部としてしか見てなかったから、人として認識してなかったのね。

で、ウチに帰って来て、コンピュータのモニタで写真を見てみたら ... まるで狙ったかのように、下着を脱ぎ着しているおねぇさんやら、着替えている途中の人の写真が何枚もあったのよ。(^^;) 子供の頃のプールの着替えのように、みんな巧く覆って着替えてるから、幸いにも裸体は写ってないけど、図らずも被写体になってしまった人には申し訳ないです。

実は上の右下写真の右に居る少年の隣にも着替え中のおねぇさんがいたけど、さすがにそんな写真は掲載出来ないので、カットしたのでした。 撮ってるたいちょ自身は全く気付いてないとは言え、まったく、使えない写真ばかり撮って来るんだから、もぅっ。(え?自力で歩いて行けないりゅに言われたくない?)

photo essayphoto essay
photo essay

でも景色はやっぱりきれいだったみたいですよ。以前は Hveragerði の人の商魂に嫌らしさを感じて苦手という先入観があったけど、慣れた今では、 Hveragerdi &近隣は景色自体はきれいだし、ポコポコ沸く温泉もあるし、村もこぢんまりとかわいくまとまってるし、なかなか良い所かも、と思うようになりました。みなさんも機会があったら、行ってみてくださいね!

photo essay photo essay

ぢゃ〜んっ たこ焼き器♪

さてさて、話は前後しますが、実は今回のりにゃんさんに↑こんなモノを頂いちゃいました。なので、川温泉の前日はたこ焼き♪ と言っても、関西出身者が1人もいないので、みんなたこ焼きは初めて。

photo essay photo essay

箱の中身はこんなでした! 
(コンロはこっちで買ったモノ)

photo essay photo essay

奇跡的に大昔に買った冷凍タコが残っていたので、この日はちゃんとした『タコ』焼きができました。(コレ以後はタコは手に入らないので、『エビ』焼きやら『イカ』焼きだったりして(笑))キャベツも刻んだし、準備はOKかな。まずは油を塗ってみましょ〜。

photo essay photo essay

ネタを落として、タコも投入っ

photo essay photo essay

3人がかりでキャベツ&紅ショウガを落として、も1度ネタを落として〜

photo essay photo essay

ひっくり返せるかな?

photo essay photo essay

ひっくり返し棒?は1本なので、お箸でひっくり返してみたり

ちょっとこげちゃったけど、出来た〜 これまた日本から担いで来てくれたソースとマヨネーズを添えて、頂っきま〜すっ


photo essay

アイスランドの庭を見ながらたこ焼きです♪

こっちで買ったコンロは日本製と違い火加減が難しかったけど、とりあえずちゃんと焼けました!最初はおそるおそるひっくり返してたけど、最後の方ではみんな、たこ焼き職人気分。(笑) でも、りゅはお箸2本でひっくり返しちゃいましたけどね。

りゅとたいちょは10年以上ぶりのたこ焼きでした。うぅ〜ん、うみゃいっ。こんなに重たいモノを担いで来てくれて、のりにゃんさん、本当にありがとう!

photo essay photo essay

押し花のしおり作成ちう

さてさて、のりにゃんさんも帰り、9月になり、秋(と言うより、冬?)が深まる中、夏に作った押し花をいそいそと出して来た、たいちょ。何をするのかと思ったら、しおりを作ってました。

わ、ワタクシ、押し花を作ろうと言う発想自体浮かばなかったんですが、全く持って、マメなたいちょです。この間も突然自分用の割烹着を縫ってたし、かわいいモノも好きだし、考えてみれば、『乙メン』なんてコトバが出来る前から、行動・嗜好は乙メンなたいちょでした。(気性は全く持って違います (^^;))

photo essay

Skeifanのマクドナルド

ところで10月13日に所用があってレイキャヴィクへ行ったんですよ。で、用事を済ませ、小腹も空いたからとマックへ寄りました。たまたま写真を数枚撮ったけど、まさかコレが『最後のマック』になるなんて、夢にも思わなかった〜。知らなかったから、外観や店内の様子を撮り損ねちゃったわ。ちなみにこの日は夕方だったけど、ウチ以外にお客さんが後から1組入って来ただけで、ガラガラでした。

でも、マクドナルド撤退のニュースが流れてから最後の1週間は10〜11万人のお客さんが訪れたそうで、最後の餞には良かったのかな?それにしても総人口の1/3が行ったなんて、すごいわよねぇ。

photo essay

壁に貼ってあったメニュー

でもこのメニューと、カウンターの上にあったメニューだと、いくつか値段が違ってたのよね。アイスランドらしい?でしょ。(^^;)

photo essay

マクドナルドのカウンターの上にあったメニュー

それにしても、資本主義の象徴でもあるマクドナルドがなくなるんだから、アイスランドも相当よね ... 。ちなみに6番は値段が見切れてるけど、1049 kr. です。

photo essay photo essay

Smaralindの 旧マクドナルド 現メトロ

さてさて、今度は11月4日にレイキャヴィクへやってきました。いろいろ買い物も済ませ、マクドナルドも無くなったことだし、ちょうど良い機会だからメトロへ行ってみました。前回と同じ Skeifan のお店にすれば比較しやすかったけど、諸事情で今回は Smaralind 店です。メトロの看板に剥がした後があるの、見えます?

photo essay photo essay

やっぱりガラガラ

この日は14時半過ぎに入ったけど、お客さんは数組程度と、やっぱり空いてました。

photo essay

新メニュー

多分1番のセットがビッグマックセットに相当するモノなんでしょうね。マクドナルドじゃなくなったのに、このセットの値段はは前と変わらず。他も同じか数十クローナ下がっただけみたいです。あとは ... フィレオフィッシュに該当するセットミールとサラダがなくなったのかな?

photo essay photo essay

MCDONALDSの文字が!

お会計を済ませレシートを見ると、マクドナルドの文字がありました。在庫の都合でレシートまで変えられなかったのかしら?

photo essay photo essay

見かけはどこにでもあるファストフード

りゅは5番のチーズバーガー X 2のセットです。お味はと言うと、ピクルスまでそのままマクドナルドのチーズバーガーでした。そう言えば、ニュースにはマクドナルドと協力してだかなんとか、書いてあったもんね。味が同じなのも納得です。ちょっとサイズが小さくなった気もするけど、気のせいなんだろうなぁ。

ただし ... 冷めてる!!! 一応暖かいけどそれは保温のせいで、作ってからかな〜り時間が経ってるのが判ります。ウチはいわゆる食事時の混む時間を外して来る事が多いけど、ここまで作り置かれた品にあたったことは、なかったんですよね。これってマクドナルドとの契約から外れて、作り置きの時間規制がなくなったか緩くなったからなのかしら?

photo essay

ポテトも冷めて固くなったのを無理矢理温めてるから、マズイ!マクドナルドのポテトって冷めると不味くて食べられなくなるけど、ホントそんな味でした。ここまで酷い作り置き品は5年以上前に Selfoss で閉店1時間前のKFCに入ったとき以来です。チェーン店じゃないけど焦げ焦げのピザを出された事もあるし、こういうのを平気で出しちゃうのが、アイスランドなのよねぇ。

ところで実は10年以上前、とある方に「アイスランドはマクドナルドを作る時に、材料は国内で揃える契約をして、開店許可を得たんですよ。国内の材料を使ってるから、値段も高いんじゃないですかね。」というようなお話を伺ったことがあったんです。なので、ウチはずっとアイスランドのマックの材料は国産で揃えてるんだとばかり思ってたんですよね。(まぁ、アイスランドでレタスは作ってないし、ジャガイモもアイスランド産であのサイズをあの量は賄えないだろうから、不思議だったけど) なので、今回のニュースで「材料を輸入するのが低 ISK では大変だった」と聞いて、ちょっとびっくりしたのでした。

この手のハンバーガーっておもちゃみたいな味だけど、たま〜に食べたくなるのよね。だけどとりあえず、ここのハンバーガーは当分もういいや。ウチがもしレイキャヴィクに住んでたら、ファストフードへなんてこんなに行かないんだろうなぁ。

そんなこんなで、気付いたら夏も終わり、しっかり冬になっていたのでした。ちゃんちゃんっ