Photo Essay

photo essay

真っ暗ですが…何の入り口かな?

さて、先日、ののネコの予防接種をしに、動物病院へ行って来たよ〜。と言うことで、某掲示板でもののさん特集?の要望もあったようだし、今回はそれも兼ねて病院を紹介しちゃいます♪

ここはセルフォスの町から車で数分の距離にある動物病院。たかだか人口5000人弱の規模に動物病院があるなんて、すごいでしょ?そんなにみんなペットを飼ってるの?と思っちゃうよね〜。まぁ、案の定、違うんだけど。(笑) 実はここ、メインは畜産系なのよ。ほら、アイスランドには人口の倍だっけ?ヒツジがいるじゃない?それに馬の飼育も盛んだからね。

photo essay photo essay

中へ入ってみよ〜

左の写真が玄関。写真ではちょっと見えないけど、下に靴が何足か脱いであるのよ。(笑) 実はこれ、室内を汚さない為で、レイキャヴィクは知らないけど、地方では人間用の病院でも靴を脱ぐことが多いんです。まぁ、靴の汚れない気候の時は構わないみたいだけど…。 でも、日本人にとって、室内で靴を脱ぐのは気楽だよね。

中は倉庫に区切りをつけた感じで、かなり広いです。右手にあるのが受け付けだけど、ここに来た時に、人が座っていた試しがないのよ…。

photo essay

じぃ〜っと耐える、ののネコ

獣医さん自ら受け付けをしてくれます。もともと鳴かないネコだけど、緊張してるのか、いつもに増して静かそのもの。(笑) ちなみに、この時、獣医さんは「NONO」って名前のカルテを探してました♪い〜わねぇ、ちゃんと自分の名前のカルテがあって。 そう言えば、さすがに今回は言われなかったけど、アイスランド人にネコの名前を聞かれて、「NONO」と言うと、みんな「Nei Nei」ね、って言うのよね〜。う〜ん、英語の意味はないんだけどなぁ…。

photo essay photo essay

さぁ〜、お注射ですよ〜♪

さぁて、本番。前回はののさんをケイジから出そうとしたら、「うぅ〜」って唸っちゃってね、りゅに「こらっ」と言われて、やっと静かになったのよ。でも、今回はそんな騒動もなく、最初から諦めモードでした。(笑)うん、素直でよろしいぞぃ。…でも、思いっきり耐えてますね♪ 

実は、ののさんは、バカネコなりに、お付き合いが出来るネコで、自分がイヤなことでも、いつもこんな顔して、耐えるんですよ。で、しばらくすると、チラッと人の顔を見て、「もぉ、いい?」と言わんばかりに、いなくなるんです…。さすがに、注射はいなくなれなかったけどね。

この獣医さん、前々回も診てもらったんだけど、なんだか、”動物好き〜”なオーラを感じてしまいます。避妊手術の時の獣医さんがあまりにも事務的だったので、こういう人だと嬉しくなっちゃう。ひょっとして、今回唸らなかったのは、彼だったからかも?ちなみに、右写真でののさんを右から押さえてるのは、インターンのおねぇさん。写真撮れば良かったなぁ…。

photo essay photo essay

いつもガラガラの待合室(左)と いちお、販売もしてます

さて、注射も終わったことだし、待合室へ。でも、ここいつもガラガラなのよね…。やっぱり、畜産系がメインだからかしら?

ここでは、ペットフードなどのペット用品も扱ってるけど、さすがに、ペットショップみたいには陳列してないから、倉庫みたい。まぁ、お店みたいにする必要もないんだろうけどね。獣医さんにののネコの状態を聞いたところ、「ボクはこれくらいが好きだけど、人によってはちょっと太めって言うかもね」とのこと。手足が短いから、ついつい、小さめと思ってたけど、身体の大きさの割にはデブってたのね…。

でも、ダイエットフードにする程じゃないようで、室内猫用のエサを勧めてくれました…が、あいにく品切れだったので、結局いつものにしちゃった。って、これじゃぁ、ダイエットの意味ないぢゃん。まぁ、ののさんがデブるのは、主に表で余り遊べない冬だから、夏になれば戻るからいいか。(←ひゃぁ、思いっきりネコ話だぁ…(゚〇゚;))

photo essay photo essay

家に戻ったら、まった〜り

病院であれだけ緊張したのも、もぉ忘れて、家に戻ったら、さっそくまったりな、ののネコ。なんとも、だらしない格好で寝ています。まるで、タヌキだ…。

ちょ〜どのお腹に茶色い毛が生えてるの、見える? 今から約2年前、ののさんってば、この辺りに馬糞をたっぷりくっつけて登場したのよね〜。臭かったし、洗ってもどうにも落ちなくて、はさみで毛を切ってたら、乳○をまで切りそうになったのだった…。懐かしいなぁ。一時は栄養失調から大きくなれないかと思ったけど、ここまで大人になれて、ホッとしました。

photo essay

コタツから…でも、ちょっとびびってる(^^;)

さて、これはののさんをコタツに突っ込んだ時のモノ。日本だと、ネコはコタツで丸くなるってイメージがあるじゃない?なので、コタツがウチにやってきた時に、早速ののさんを入れてみたのよ。ところが…アイスランドネコなせいか、単に馴染みがないせいか、コタツのヒーター音を怖がって、中に入ってくれないの。人がせっかく、ネコの為にセットしたのに…。でも、これ、室内がそんなに寒くないからなんだろうなぁ。と言うことで、未だに、コタツは怖がって入ってくれません。この時もかなりイヤだったらしく、ミャーミャー鳴いて、耐え顔してましたぁ。

photo essay photo essay

意味なく”どアップ”(_ _;)

ののさんファンにお応えして?ののさん、どあっぷ。寝起きだからか?鼻のピンク色が薄いです。でも、雪の中走り回ると、見事な濃〜いピンクになるのよ〜。鼻筋が通っていないので、子猫の時はず〜っとブネコだと思ってました。今は、普通に可愛いネコになったかにゃ?

って、ネコ好き以外はこんな写真見ても、何だよね〜。すみません。今回だけ???と言うことで … … 。

photo essay

「 なぁに見てるのにゃぁ〜」

大欠伸後のお澄まし? 下半身と上半身が捻れてるよ、キミ…。器用だなぁ。それにしても、デジカメで撮った写真が、ののさんばっかりな、今日この頃…。なんだか、、病院の紹介よりののネコがメインみたいになっちゃったぁ。