毎週1回何かしら更新・・・予定(_ _)ゞ
詳しくはWhat's new?をご覧下さい

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。 ばっくなんば〜は こちら



「ちょこっと近況」

2006年3月13日

すっかりご無沙汰しちゃいました〜っ。いくらなんでも、さすがに2ヶ月も放置しちゃ、いかんだろ、ということで、少し反省しつつ、今回は近況を少しばかしお見せしちゃいます。と言っても、撮ってる写真も少ないから、封印?のネコ写真を使ってお茶を濁しちゃったりして … 。(^^;) (ネコに興味のない方、ごめんなさ〜い)

今回は、1月の中旬過ぎに、更新もなにもしないで、少しだけボーっと休憩するはずが、なぜか、急にバタバタしちゃって、気づいたら、3月という、有様でした〜。まぁ、りゅの場合、忙しいと言っても、ちゃんと睡眠時間は取っているし、疲れたらしっかり休むので(休まざるおえないとも言うけど … )、いわゆる、日本の忙しい人とは、度合いが全然違うんだけどね。てへへ。 って、なんだか、宿題をサボって言い訳してる小学生みたいな気分だわ。(_ _)ゞ

さてさて、2月の節分を少しだけ過ぎた頃に頂いたのが、このお面。んもぉ、このサイズなら、ネコにかぶせるしかないでしょ〜、ということで、早速写真を撮ってみたよ〜。



似合う?

ののさんは、顔の前につけても、写真を撮ってる間は、じぃ〜っとがまんしてくれたので、撮るのはすごく楽だったよ。モニクは撮影慣れしてないから大変かな、と思ったら、この数ヶ月で人に慣れたらしく、これまた、問題ナシでした。さすがに顔の前面は無理だったけどね。でも、2匹にお面をかぶせて並ばせようと思ったら、モニクが逃げちゃったので、ツーショットはありませ〜んっ。(笑)



少し前だけど、無理矢理並べて見た …

おかげさまで、前は近づけるとプゥ〜ウゥ〜いってたののさんだけど、最近は、モニクの存在にも慣れたのか、近づけても、とりあえず、おとなしくなったのよ。まぁ、たまにカプッと噛みついちゃうんだけど … 。でも、モニクはののさんがコワイから、すぐに離れちゃう。もちろん、この後もすぐに退散してました。まぁ、散々いじめられたから、しょうがないのかな? なんだか、2匹とも、妙に顔に緊張感があるような … 。(ー_ー;)



きゅうり大スキなモニク

実は1月にのりにゃんさんがいらした時、モニクは最初、怖がっちゃって、全然近づかなかったのね。でも、食いしん坊のモニクだし、と、のりにゃんさんにキュウリを手渡したら … しばらくしたらモニクってば、のりにゃんさんにすりすり甘え寄ってました〜。キュウリで餌付けされるネコって一体?

実はこのモニク、変わっていて、キュウリを始め、グリーンピース、大根、西洋カブ、ブロッコリー(固ゆで)、りんごにバナナと果物や野菜が大好きなのよ。でも、牛肉などはそんなに好きじゃないみたい。ネコってこんなに野菜類を食べてもいいものなのかにゃぁ?ミネラルが多すぎ??




授業風景 当然生徒は外国人さっ

話変わって、りゅのアイスランド語力は1〜10まで数えられない、かな〜りの初心者レベルなんだけど、実は2月の始めから、なぜかアイスランド語コースへ行くことになってしまった。授業自体は多くなくて、週に1回2時間だけなんだけど、でもね、テキストがアイスランド語のみで、何言ってるんだか、全然わからない〜っ。

なんで、初心者コースでいきなりダイレクトメソッド(直接教授法?)なのよ … 。まぁ、授業では先生がアイスランド語の後に英語で説明してくれるけど、初心者コースだからか、”文法よりも、とりあえず単語力を”と言うことらしく、テキストを進めるばかりで、論理的に説明してくれないから、語尾変化などの法則が全然わからな〜いっ。その上、テキストの文法の説明も何もかもがアイスランド語のみじゃ、なに書いてあるんだか、全然わからな〜い・ついていけないよ〜の状態なのです。

しかも予習しないと、授業がさっぱりわからないんだけど、予習して行ってもやっぱりわからない(涙)ので、復習と称して、授業内容から何をやっていたのか、後から分析する日々。おかげで思いっきり時間を取られてるし、なんか、勉強の仕方が間違っている気がして、しょうがないこの頃なのよ … 。(ー_ー;)

言語学習は嫌いじゃないけど、あんまり興味のない言語なのに加えて、勘の悪いりゅなので、全然習得できてませ〜ん。えっ、それって、単に脳の働きが低下してるだけかしらん?? 頭悪いの、バレバレやんっ



しかも、バタバタしてると言いつつ、その最中にeBayでオークションなんかも始めてみちゃったり … 。元々のきっかけはね、1年前に、電気代の請求が9万クローナくらい一気にきて、それ以来、調理時間が短縮できる圧力鍋を探していたことにあるのよ。

(アイスランドの電気料金システムは、最初の1〜2ヶ月にいくらかかったかメーターをチェックして、その後の1年分を算出し、毎月請求されると言うもの。温水なんかも同じような料金システムなんだけど、当初より、使用量に増減があると、1年後のメーターチェック後にもっと請求がきたり、はたまたしばらく無料になったりするんです。

ウチの場合、引っ越してきて、請求書の名義が変わったにもかかわらず、前の住民用の料金で請求されてて、1年後の去年にどどんっと、請求がきたわけです。元々、月々5〜6千円は払ってたんだけどねぇ。確かにアイスランドの電気料金単体は日本より安いけど、コンロでもなんでも電気だし、日本食みたいに煮込んだりするモノを数種類頻繁に作ったり、室内を普通に明るくすると、結構電気料金がかかるかな。まぁ、この時は、ハロゲンライトを使ってたのが1番大きいかもだけど … とは言え、それ以外は日本での普通の生活となんら変わりはないはずなんだけどねぇ。(^^;))

でも、いくら圧力鍋が欲しくても、選択肢の少ないアイスランドでは、日本で高級と言われる圧力鍋が、日本以上の高級価格でしか売ってないみたいだし、Amazon.co.ukなど、国外のサイトは海外発送してくれない所が多くて、気づいたらeBayにたどり着いちゃった。

ただ、アイスランド税関の仕組みもよくわからないのに、いきなり圧力鍋をeBayで買って個人輸入するのは、あまりにも危険じゃない?(笑)なので、まずは、税関に電話をしてみたのだ。(まぁ、メイルじゃなくて、電話ってのが、そもそも間違いの元だった気もする今日この頃 … 。でも、その後の対応の悪さを見てると、メイルだといつ返事が来たかもわからないし、ある意味しょうがなかったのかも。)

そこで、手数料はかかるのか?購入した品に消費税がかかるのはわかるけど、それ以外にかかる費用はあるのか?等の質問をしたら、手数料に関しては答えてくれずに、ヨーロッパ以外からのステンレス製鍋類の輸入には10%の関税、ヨーロッパ以外からの衣類の輸入には、15%の関税が24.5%の消費税に加えて、かかることを教えてくれた、税関のおじちゃん。

… と言うことで、最初はアメリカのeBayを見てたんだけど、関税がかかるのは、イヤじゃない?なので、イギリスのeBayに変更して、物色してみたのよ〜。で、まずは実験もかねて、カーディガンを入札して落としてみたのだっ♪

チビで腕も当然短いりゅにとって、 久しく見ることの無かったPETITEサイズから選べるだけでも、すっごくうれしいのに、新品タグ付きなのに1.99ポンドという低価格は、普段のアイスランド物価を見慣れている身には、嬉しすぎる〜。送料の方が3ポンドで高い位だったもん。さて、後は待つだけさ、るるるんる〜んっ。(^^;)



が、さすが、アイスランド。やっぱり、やってくれました〜っ。税関経由郵便局から来た、1通の手紙。いや、最初から、消費税を払う覚悟は出来てたから、手紙が来るのはいいのよ。だけどね … ネット上の領収書を見せて、でも、それが届いてないだ、なんだと言われて、何回もやり取り(と言うよりも、最初の手紙以外連絡がなくて、何回もこっちからつっついた)した後、やっと届いた小包と一緒にあった請求書には548クローナの金額がっ!

へっ?なんで、1.99ポンドの24.5%がこんなにするの? と思って、問い合わせたら、

350クローナの手数料
15%の関税
24.5%の消費税

だって言うじゃないですかっ。まぁ、手数料に関しては税関のおじちゃん、答えてくれなかったから、かかるかもしれないなぁ、とは思ってたけど、でも、いくらなんでも金額が予想より高すぎるぅ〜。

よくよく聞いてみた所、ヨーロッパで生産されたという生産者か相手国税関の証明書が添付されていない限り、ヨーロッパ外から来たものと見なし、関税をかけるっていうじゃないですかっ。ぉぃぉぃ、聞いてないよ〜。ってか、個人じゃ、そんなの入手するの、ほぼ不可能じゃんっ。これじゃぁ、一般人にとって、ヨーロッパとそれ以外に区別されてても、意味ないよ〜。それにりゅは気づかなかったけど、これってちゃんと税関のサイトに記述されているのかしら??疑問だわぁ。

しかも、相手が「4.8ポンドの買い物をしたでしょ?」と言うから、「え〜っ?実際の買い物は1.99ポンドだよ」と答えたら、「アイスランドでは、購入金額と送料の合計に税金がかかります」って言うじゃないっ。ひょぇ〜っっっっ、送料にまで税金がかかるなんて、これ、ヨーロッパ、はたまた北欧じゃ普通なの?? そんなのが法律で決まってると聞いて、びっくりしちゃった。(まっ、アイスランド人、送料に税金がかからなかったら、送料を高めに払って、実際の購入金額を下げるくらいしそうだし、イタチごっこでしょうがないのかもしれないけどさ)

とりあえず、何事も事前に確認した通りにスムーズに運ぶとは思ってなかったけど、やっぱり、こんなオチでした … 。(_ _;) それでも、実際の購入金額より高かった税金類だけど、同じ品質のモノをアイスランドで買うことを考えたら安いものだし、何より、自分サイズの服が買えたから、まぁ、満足かな。でも、いきなり圧力鍋を買わなくてよかったよ。だって、あんな重たいお鍋なのに、送料にまで税金がかかることを知らずに個人輸入してたら、イタ過ぎるもんねっ。

ちなみに、税関経由郵便局から来る手紙ってのは、アイスランド国外から小包等が送られてきた時に、税関が「これは購入品では?」と疑ったモノは、全てそこで止まって、「これは何ですか?」と、この手紙が来るってこと。で、これがまた、よ〜くひっかかるんだ。しかも、購入品じゃないモノは、中身を開けて見せる必要があるのよ。

まぁ、今でこそ、購入品じゃない場合は、この手紙が来てから、その旨を一筆書いて開ける許可(?)を与えるシステムになったので良いけど、前は、税関が疑った小包は、全て勝手に開けられていたのよね。

まぁ、相手は税関だし、開けられるのはしょうがないから、別に構わなかったんだけど、乱暴に扱うから、せっかく友人が送ってくれた海苔に、カッターの刃で切り込みが入ってたこともあって(しかも、気づかずにしまい込んじゃったから、湿気て食べられなくなった)、結構嫌な思いはしたかなぁ。だから、今は、「開けて見てみて」と書く時に、しつこ〜く、「ちゃんと気を付けて開けてね」と付け加えられるから、まだマシなのさっ。


とりあえず、物価の高いアイスランド。関税のシステムもすごいものでした〜 … と言うより、事前確認が何の意味もなしてないぢゃん、と言うのを身をもって実験した、お話でした〜。ちゃんちゃん♪

って、この2ヶ月、↑を読んでも、なんか、全然忙しそうじゃないじゃん … 。他にもいろいろあったはずなんだけど、おかしいなぁ … 。(笑)



---------------------------------

ところで、このフォトエッセイを更新する数時間前に、やっと、たいちょがりゅマックを直し … というより、少し改良??してくれたよ〜。ここ数ヶ月、ライブカメラの設置してあるコンピュータを使っていたのでかなり不便だったけど、やっと自分のコンピューターに戻れそうです。わぁ〜いっ♪ とりあえず、ファイルの引越は終わったけど、まだ整理整頓が終わってないので、それがすんだら、普通に更新できるようになるかな?

でも、もし更新してなかったら … … アイスランド語コースの宿題が終わってない(集中できてないだけ、とも言う)のかな?と思ってもらうのが、正解かも … 。アイスランド語全滅のりゅには、量が多すぎて毎週全然終わらないのだ。他の人にはそうでもないだろうけど、りゅ的には、毎週1回は8月31日がある気分です。ひぃ〜ん。(T∇T)



追記 16/03/2006

後から確認した所、上記の350クローナは郵便局へ支払うもので、手数料&通関料みたい …  


もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ