毎週1回何かしら更新・・・予定(_ _)ゞ
詳しくはWhat's new?をご覧下さい

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。 ばっくなんば〜は こちら



「ご近所散策♪」

2004年5月17日

さてさて、洗濯機も家も落ち着いた頃、家の周りを散策してみたよ〜。って、引っ越してから一体どれだけ経ってるんだか。朝夕に小川のせせらぎは聞こえるものの、まだ、実物を見たことがなかったので、晴れたら歩いてみようと思っていたのよ。ちなみに、この写真を撮ったのは、数週間前なので、今はもう少し、緑になったかな。


うちへの道(左)と …

左にある道を向かってくると … … うちがあります。ねっ、廻りに何もないでしょ?うちはボロい(^^;)ので、近くからは撮らなかったけど、こんな感じの所にあります。家はともかく、景色は最高だし、まるでサマーハウスがある所のように、のどかなのよ。あっ、サマーハウスがある所のようってのは、サマーハウス群がある所じゃなくて、時折、地方で見かける、ポツンとした、サマーハウスらしいってことなんだけど。それにしても、この道の先には、うちしかないって、なんだか、すごい気がしちゃう。





馬もいます  
もちろん、うちからは馬もよく見えるよ。なにしろ、お隣のお隣さんは馬農家。なので、隣接している牧草地で草をはむ姿がよく見られます。遊んでいるのか、いっせいに走ってる姿は、うつくしいよ〜。夏になると、うちの借りている家の敷地にある、牧草地にも入ってくるんだって。ドキドキ






ののさんったら、

さて、家の前をテクテク30秒ほど歩くと、なんと、小川があるんだなぁ。てっきり、もっともっと細いかと思ったら、結構あるのね。橋がないと渡れない幅でした。川の水が透明だなぁって思ってたら、すぐそこで湧いてるから、飲めるんだって。ちょっと大きなカゴが転がってるから、掃除をしたら試してみよう、うん♪ 魚はウシ小屋の裏の川にはいるらしいのだけど、ここにはいないみたい。でも、ののネコったら、覗きこんじゃってるわ。あっ、こんなにたくさんの水は初めてなのかな?これで驚くなんて、まだまだよっ。今度、海に連れて行ってみよっと。





旧ウシ小屋

でね、川辺から左側を見るとまず目にはいるのが、旧ウシ小屋。でも現在は使用されてません。あっ、車を入れたり、好きに使って良いとは言われてるけどね。そう言えば、引越来てばかりの頃、ここにドロボウが入って、アップヒーティング?用の機械を盗まれちゃったのよ。りゅは1度、車がウシ小屋の脇に付けてあるのを見たけど、まさか、ドロボウしてるなんて思わないじゃない?大家さんの知り合いかと思ってたもん。

で、数日後、たいちょが、ウシ小屋で「何かあった気がするけど … ?」と思いながら、車をいじりっていたら、いきなりドアを開けて入ってきた、若いカップルとご対面。まぁ、相手も中に人がいるとは思わなかったようで、ビックリしていたみたい。たいちょが「なにかご用?」と聞くと、「どんな大きさか見てるの」と答えて出ていったけど、この時点でも、「大家さんは他の人にこのウシ小屋だけを貸すのかな?うるさくなったら、イヤだなぁ。」くらいにしか思ってなかったのよ。まぁ、あとで、ドロボウと分かったんだけど。(^^;)さすがに対面して以来、車はやってこないなぁ。

ちなみに、この川には、ウシ小屋から流れ出た使用後の温水が、排出されてます。でも、ヒーター内部を通って、温めただけだから、きれいなもの。湯気も出てるし、こんなに温かいのに捨てちゃうなんて、もったいないなぁ。ってその前に、使ってないウシ小屋を暖めてる時点で、一緒かな。まぁ、大家さんの温水だし、いいんだけどさ。(大家さんはこの辺りに温泉水を供給しています)





うち(左)と旧ヒツジ小屋(右)

で、目線をもう少し、右に移すと、うちがあって、その先には、旧ヒツジ小屋があるのよ。ここも、現在ヒツジ小屋としては使っていないけど、大家さんが誰かに資材置き場に貸してるみたいで、ちょっと汚いのがタマにキズ。まっ、滅多に来ないし、来ても、ヒツジ小屋止まりだから、いいんだけどね。何しろ現在、うちに毎日いて、定期的に会うのは、郵便屋さんだけなのよ。あっ、鳥はたくさん飛んでるかな。(笑) それと、飛行機(国内便なのかな?)の通り道なのか、時折音が聞こえるけど、ジェット機じゃないから、そこまでうるさくないし、湿度の高い日に、1号線の音がかすかに聞こえる程度で、普段はとにかく、静かでうれしいわ♪





りゅよ、おまえはどこへ行く … … と手前は溶岩石

さて、今度は川を背に、もう少し歩いていくと、こんな野原に出ます。ここは柵の外側だから、大家さんの持ち物じゃないかもしれないけど…まっ、いいか。(?)

それにしても、遠くにりゅが写ってるけど、わかる? 実はこれ、そんなに歩いてないのよ。ほんの数分なんだからぁっ。





1番近いお隣さん …

 
さて、向こうに見える、緑色の屋根の家が1番近いのだけど、ゆうに300mは離れてるんじゃないかな。あのお家もうちの大家さんの持ち物で、6年ほど貸してるんだって。これなら、うちも、急に出ていけ、なんて言われなさそうで、うれしいわ。


でもね、これだけ静かでのんびりした生活を送ってると、最近はレイキャヴィクへ買い物に行くだけで、人あたりしちゃう。(笑) 日本でも、毎日ラッシュに乗っていれば平気だけど、違った生活をしていて、たま〜に乗ると、疲れるじゃない?そんな感じかなぁ。まぁ、普段は誰にも会わないからね。

こういう生活をしてると、都心部での生活は慣れればなんの疑問もなく過ごしてるけど、気づかないうちにストレスになってるのかもしれない、なんて思っちゃった。まぁ、レイキャヴィクで人あたりなんて言ってたら、他の国には行けないわね。ようは慣れなんだけど … … クロック周波数下がりまくりな、りゅでした。







----------------------------おまけ----------------------------

 
この間ね、突然お寿司が食べたくなったのよ。でも、日本種米が切れてたから、スーパーでブルードラゴンの「ジャパニーズ スシライス」なるものを買ってきたのね。だけど … … 普通にといで、普通に寿司用に水加減して、30分置いてから炊いたのに、炊きあがりがベチョベチョ。

なぁ〜に?海外で売られている、「スシライス」ってのは、といだあと、置いちゃいけないの?あっ、「寿司」と「Sushi」は別物だから、この「スシライス」も別物だったのね。そうか、そうだったの … か?(ー_ー;)

しかも、年末のオフ会の時と同じメーカーのマグロは、今回も臭くて、生じゃ食べられなかった。オフ会の時は、空気に触れた部分はぜ〜んぶ、分厚く削いで、ののネコのお腹に入れちゃったから、人間も生で食べられたんだけど、そこまでしなきゃ、生で食べられないマグロって言うのも悲しいなぁ。

たいちょに、握ってもらおうと思ったてたけど、急遽変更。ぁぅ、りゅのにぎり寿司を返してください … … 。















もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ