できるだけ更新・・・予定(_ _)ゞ
詳しくはWhat's new?をご覧下さい

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。
ばっくなんば〜は こちら



「9月の出来事 4」

2009年1月19日


テント・テント♪

さて、ウェストフィヨルズから戻った翌日 ... かどうかは覚えてないんだけど、さっそくテントを広げてみました。シングルフライのは本当に開けた瞬間ボンッて広がり、あっという間に設営終了。逆に取り扱い説明書が不案内で、畳む時に苦労したけど、公式サイトへ行き、ムービーファイルを見て、なんとかなりました。さすがにアイスランドでは、夏でも日本人にはシングルフライでは、ちょっと寝るには寒いけど、河原でバーベキューとか、自然の中でのちょっとした待ち時間なんぞに使う分には便利かも。

ダブルフライのテントはさすがにボンッと広げるのとは違い、もう少し手間がかかったみたいだけど、一般的なテントよりは楽みたい。ただ4人用と言うことで、実質3人用。2人で使うには、ちょっと広くて寒いそう。ネコどもを連れて行けば、ちょうどいいかな?



スヤスヤ

ついでだからと寝袋やらマットやらを用意して、横になったら、ついつい寝ちゃった ... 。気持ち良かった〜。でも ... どちらのテントも設営/撤収はゆみたんとたいちょのお2人で、りゅは見てるだけでした。えへ。でもありがと〜。(笑)



オコタでダラダラ〜

またまたHさんが遊びに来たので、みんなでおしゃべり&ゴハン ... だと思うけど、何を食べたか覚えてないよ〜。(^^;) あっ、でもゆみたんはほとんどお部屋でお仕事していて、時々参加してただけなので、そんなにダラダラしてないかも。ちなみに現在はりゅの後ろがすっきりして、もっとだらだらコタツライフを楽しめるようになってます♪暖かいけど作業効率が落ちるのが困りもの。




土台作りちう

ゆみたん滞在中は何回かケーキも作ったよ。体調が悪くなってから滅多にケーキ作りをしてなかったので、数年ぶりかな?やっぱり、手作りのケーキはおいしいなぁ。って、何度も書いてるけど、これはウチのお菓子が美味しいからじゃないですよ〜。この辺りで日本人の口に合うケーキは売ってないのよ。だからケーキが食べたかったら、自分達でなんとかしなきゃならないってことで ... 。この辺で売ってるケーキより美味しい=口に合うってだけなのよ。市販品で美味しいケーキが日本みたいに買えるなら、きっと作らないだろうなぁ。

あまりにも簡単なレシピに、ゆみたんに教える事になったけど ... 元がポーランド人に教わったレシピなので、計量が1/2グラス(計量カップじゃなくて、家にある普通のコップとか)等、結構適当だったのよ。それをウチ用に無理矢理グラム数換算したレシピだから、結局かな〜り適当にお伝えしちゃいました。(^^;)それでも簡単・美味しいんだから、ポーランド人のレシピってすごいなぁ。



ネコアレルギーの素どもだっw

ケーキ作りの合間にパチリ♪ ところで、実はゆみたん、ネコアレルギー持ちだったんです。ウチに来た当初はくしゃみ&鼻みずが止まらず、薬を摂ってたので、この滞在中大丈夫かなぁと心配してたんですが、気付いたら薬がなくてもほぼ大丈夫になってました〜。環境順応性が高いのかしら?すご〜い。りゅの牧草アレルギーは一向に順応する気配がないからうらやまし〜かも。




焼っけたっかなぁ?

取り出して、えいっ、っとひっくり返します。ちゃんと焼けてるよ〜。でもね、さすがにこのままでは熱いので、ちょっと冷まさないとね。

そう言えば、このケーキ作りに限らず、ゆみたん滞在中はとにかく毎食ちゃんと作って食べていたような。(普段も自炊に変わりはないけど、忙しくなってくると多量のカレーやボロネーズ等を毎日火を入れて食べたり、多量に作って冷凍したのを解凍してチマチマ食べたり、とかそんなのになっちゃうもんねぇ。(^^;))

作ってたのは主にたいちょなんだけど、ゆみたんにも美味しいお好み焼きの作り方を教わったにょ。ウチは2人とも関東の味の人だから、お好み焼き等関西料理はこだわりもなかったし、結構適当にしか作ってなくて、本場?の作り方を知らなかったのね。ソースも持って来てくれて、ゆみたん製お好み焼きは美味しかったぁ♪



蹴り・蹴り〜

おっと、話を戻しましょ。とゆ〜ことで、スポンジが冷めるのを待つ間に蹴りを始めた、ゆみたんとたいちょ。蹴るのって何気に楽しいんだよね〜。でもキッチンはさすがに狭いしホコリも飛ぶので、リビングへ移動して ...




とぉりゃ〜 うぉりぁ〜

ついつい寝袋をサンドバッグ代わりに持ち出しちゃって、なんだかどんどん連続で蹴り出してます。元々運動神経が良いのか、勘がいいのか、筋の良いゆみたん。楽しそう〜。

蹴りって1分でも続けると結構きついんだよね。その昔Bolungarvikにいた頃、ムエタイやってたウィロット(前フォトエッセイにいたタイ人)に超短期間だけ教わったけど、「じゃぁ、1分間蹴ってみようか」サクッサクッって蹴りを繰り出す彼を尻目に、ヘロヘロになったのを思い出しちゃいました。

で、2人の楽しそうな様子に、思わずりゅも久々にやりたくなって、3蹴りしたら ... ぺちっ と しか蹴れない上に 当たっただけで、体調悪くなり即退場するハメになっちゃった。ちぇっ おかげでこの後はケーキが出来るまでコタツから動けなくなっちゃったよ〜。3蹴りだけなんてつまんな〜い。




部品組み立て中

ヘロヘロりゅが寝てる間も、ケーキ作りは続きます。なんでも、ペーストを絞り出すのがすご〜く大変だったみたい。お菓子作りって、焼きっぱなしのケーキ以外は、部品を作って組み立てる感じよね。これって、コンピュタ上の作業だろうが、車だろうが、なんでも同じなのよね〜。



モンブランだぁ

何気にちゃんとモンブランに見えるぅ〜。(笑)って、そう作ってるんだから、当たり前か。(^^;) 手伝ってない人が言っちゃイケマセンね。数が足りなくて、なぜか栗じゃなくてバナナのが1コあったけど、何気にこれもおいしかった〜。



いっただきま〜すっっっ

実は栗は日本からの頂き物&ペーストもかな〜り昔に賞味期限の切れた缶詰の味を整えたもの。栗も賞味期限もとっくに切れてたんだけど、お腹も壊さず美味しく頂きました♪ って賞味期限が切れてても、ちゃんと(たいちょが)味見&確認してるから、ウチは賞味期限切れ品を食べてもお腹を壊した事ないけどね。2人とも作ってくれてありがと〜。りゅはほぼ寝て待ってただけになっちゃったけど ... とっても美味しかったっ。



風が強〜いっ

さて、別の日。せっかくだから、と近くの村々を廻ってみたけど、途中で海岸にも寄り道しました。

この日のゆみたんの服装はアイスランドウールのポンチョにアイスランドで買ったノルウェイ製のかわいい?ゴム製ブーツ。(長靴というよりはブーツとして売られてたし)仕事に使えそうとお買い上げしてたけど、このブーツ、写真でも分かるように&アイスランドで売ってるだけに、アイスランドでも便利そう。かわいいのに砂浜なんて余裕よね。そう言えば、この間Reykjavikでこのブーツの上が黒のモコモコじゃなくて、ヒョウ柄バージョンも見かけたかなぁ。こんなお天気だと楽ちんなんだろうねぇ。(日本へ戻って早々のお仕事でも、雨の中早速活躍したらしいよ♪)

ただ ... この手のポンチョは街場のもの。強風だと飛ばされて危ないよ、とたいちょ。とは言え、ゆみたん、こういう所に来るって知らなかったから、しょうがないよね。ってか、りゅも長時間の移動はポンチョだし ... 。(まぁ、車内待機組だし車内で寝る時便利なんだもん ... )とりあえず、行き先が本気強風のGullfossとかじゃなくてホント良かった〜。




なにをしてるのかな?

でね、2人が散策から戻ってくる少し前に外国ナンバーの車がやって来たのよ。だけど、この人たち、普通の旅行者の行動と比べて挙動不審で、車をいろいろ不思議な方向に動かしてました。

何をしてるんだろ〜と思ったら、彼らの動向を見ていたゆみたんが一言。「車のCMのロケーションハンティングじゃないかな?」 なるほど〜。言われてみれば、そんな動きかも。さすが同業者w(って勝手に決めつけてるけど ... )彼らの車はドイツ車だったけど、同じメーカー車のCMなのかしらん?



酔っぱらい、ゆみたん♪

うぉ〜、気付いたら、ゆみたん出国の1日前になっちゃったよ〜。と言うことで、この日は夜中(よるじゅう)たいちょが調理していたディナーを早朝から食べ、写真はデザートを食べてる、の図。早朝だけど、みんな寝る時間起きる時間ぐちゃぐちゃだったから、細かい所は突っ込まないでね。とりあえず、ちゃんとしたゴハンだったからディナーだということで ... 。この日は最後なので、アイスランド風でした。



まったり ダラダラ

後少しと思うと、誰もベッドで寝ず、コタツでだらだら・うとうと 過ごしちゃった。かな〜り濃い1ヶ月間だったから、これでお別れかと思うと、寂しいね。



毎度お馴染み? Hveragerdiのプール

で、目が覚めたので午後からプールへ行って来たよ。右写真はアイスランド人少年だけど、左の子って、大人になったときの顔が想像つくなぁ〜。こういう顔の大人を時々見かけるもんねっ(笑)元気な3人組でした。



競争だぁ

なぜか他の人達がプールを横切って利用していたので、横に泳いで競争する、ゆみたんとたいちょ。写真で見ると、ゆみたんの勝ちかな?何度か泳いだり、ホットポットに戻ったりしてました。

方やりゅはホットポット&サウナでお留守番。冷たい水に入ると体調を崩すから、プールには2度と入らないと決めたんだもん。サウナの後、暑くてちょっとプールに入りたくなっても、シャワーだけで我慢したもんね〜。あっ、でも冷たいと言っても、プールの水は一応温水で温められているので、日本人にはちょっと冷たいけど、泳ぐ人には寒くない温度ですよん。



休憩ちう〜

実はアイスランドのプールが初めてのゆみたん。前回は超短期間だった上に水着がなかったのよね。まだ王道なブルーラグーンもゴールデンサークルも行けてないし、今回は最後の最後にプールに来れてよかったかも。って、ゴールデンサークル未踏なのに、ウェストフィヨルズ2回行ってるゆみたんがすごいと言うか、珍しいかな。(笑)(って、ウチはゴールデンサークル行く前にウェストフィヨルズに住んじゃったんだけどさ。(^^;))



お腹空いたよ〜?

最後だからとHveragerdiを車で散策した後、なんだかダルくなっちゃって&お腹も空き、帰りに寄り道して行く事に。早朝に最後のディナーを済ませているとは言え、最後の食事がピザってのもどうかと思うけど ... まぁ、みんな疲れてるし、良いよね?

ちなみにReykjavikなら普通にイタリア式の薄いピザもあるんだろうけど、地方で薄いピザはここが初めてだったのよね。どこもみんなアメリカ式のフカフカ生地なのよ。アイスランドではピザは手軽な外食なんだけど、Selfossのお店で失敗した真っ黒焦げのピザを出されて以来、ウチはここ4・5年くらい南部のお店でピザを食べてなかったのよ。(ってか、アイスランド人は気にしないかもしれないけど、外国人は失敗作を出されたら、普通、2度とそんなお店へ行かないよね?)

なので、普通に美味しいピザが食べられるお店に出会えてうれしいよ〜。ピザ以外のメニューはたいちょが作った方が美味しかろうと試した事ないんだけど、ピザが食べたくなると最近はこのお店へ行きます。業務用オーブンっていいなぁ。家庭用のオーブンだと温度が足りないからお店の焼き加減と比べるとイマイチなのよね。金融危機でもお願いだから潰れないで欲しいなぁ。



線香花火で締め〜

最後は暗くなったので、花火をしちゃいました。線香花火ってキレイよね〜。りゅは花火は好きだけど、本能が動物くんなので、手持ちの大きい花火は怖くてあまりできないのよ。線香花火は可憐でいいなぁ。気分的には秋じゃなくて、冬の夜の花火でした。



ゲストルームは作業部屋っ

とゆ〜ことで、荷造りを始めた、ゆみたん。ず〜と執筆していたお部屋は壁中こんな感じ↑になってました。(笑)でもってね、やっぱり1ヶ月いると荷物が増えるのよね。しかも地震の後に数ヶ月ものが乗ったまま放置されてたのが原因か、ウチの体重計が壊れてて、ちょっと重さを量るのが大変だったし。重量を減らすべく詰めるお手伝い?をしたんだけど ... 荷物の中に新品のTシャツがあったのですよ。で、よくよく聞いたら ... りゅへのお土産だったんですって。でも、りゅがあまりにも太りすぎてて、渡せなかったそうな ... 。あぅ〜、うぅ〜、恥ずかし。



早朝の空港だよ〜

荷造りも無事済み、空港へ向かう途中のこと。Reykjavikを通りながら、途中何気ない会話でたいちょがぼそっと「まさかパスポート忘れたとかないよな」と言ったら、「あっ」っと叫んだ、ゆみたん。慌てて車を路肩に停め、しばらくしたら、「あった〜」との声。(^^;)

良かった〜。あったのね。一時はど〜なるかと思ったよ〜。思わず戻り時間から逆算してフライトに間に合うか、真剣にを計算しちゃったけど、たいちょも同じコト考えてたみたい。

なので、空港にも予定通り無事付いて、ホッとしたよ〜。フライバスの来る少し前にチェックインを済ませられたので、全然混んでなくて、あっと言うまでした。やっぱりフライバスはどど〜っと人を運んでくるから、混むのよね。



ハグ・ハグ♪

「じゃぁね〜」とお別れしようとしたら、「ハグしていい?」とゆみたん。かわいいよ〜。(笑)とゆ〜ことで、外国らしく?ハグしてお別れしました。



元気でね〜

日本人は小柄な人が多いから、こうやって見ると、子供みたいに見えるよね。ホントあっという間の1ヶ月でした。また来てね〜。



あの日の空

ゆみたんとお別れした後はこんな空を眺めながら、帰途につきましたとさ。

家に帰ると、家のあちこちにゆみたんポンチョの黒い毛糸が落ちていて、あぁ、いないんだなぁ、と不思議な感じがしたよ。

そんなこんなで9月は過ぎていったのでした。



もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ