毎週1回何かしら更新・・・予定(_ _)ゞ
詳しくはWhat's new?をご覧下さい

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。 ばっくなんば〜は こちら



「宗教確認式2」

2006年6月20日

2003年のフォトエッセイに、元ご近所のシミン君が宗教確認式を行った時の様子を載せたんだけど、今年は3歳下の妹タニャちゃんが確認式をする年だったのよ。で … 今回も招待状が来たのだけど、なんと確認式の3日前だった!(ー_ー;)

とは言っても、その時点では教会の式ではなくて、お披露目パーティだけへの招待だったから、そんなにちゃんとした恰好をしなくてもよいし、今回はたいちょも写真撮影を頼まれてないから、15:30開始なら、少し過ぎたくらいにのんびり行けばいいかな、と思っていたら …

前夜20時過ぎにタニャちゃんのお母さんのリリヤおばさんから、電話があって、「教会での式から来て、たいちょに写真を撮ってもらえないかしら」と … 。ちなみに、教会での式の開始時間は13:00。実はお披露目パーティ会場よりも遠いのだ。

おまけにネガのフィルムもないし、いろいろと用意&チェックする必要があるし、肝心のたいちょが、電話のあった時に寝たばかりで、とてもじゃないけど起きないから、りゅが1人でわちゃわちゃと大騒ぎしちゃった。まっ、大騒ぎしても、何にもならないんだけどね。てへ

それにしても、写真を撮るのは全然構わないんだけど、せめてもうちょっと早く連絡して欲しいよぉ … 。 っていうか、普通こんな直前のお願いなんて、日本じゃ考えられないもん。(あっ、ここはアイスランドだった・・・)

と、まぁ、多少ブツブツ言っちゃったけど、かわいいタニャちゃんの為だし、そんなこんなで、バタバタしながら行ってきましたよ〜♪今回は写真が多いので、重い人、ごめんなさいね〜。それから、確認式自体については、2003年の「確認式」で触れてあるので、そっちを見てね。



道しるべ?の風船 と 教会

6月4日の午前中、疲れ切って15時間以上も寝続けてやっと起きた、たいちょに事情(引き受けるのは分かってたからね)を話すと、15:30に行けばいいと思ってたのが、13:00だったので、びっくりしてたけど、慌てて仕度&準備をして、さて、出発。今回はシミン君の時とは違う教会なので、場所は多分、分かるんだけど、中には入ったことがないのよね。無事着けるかな?

道中、途中で道しるべのような風船が所々で目に付いたから、それが教会まで続くのかと思ってたら途中で消えちゃった … 。一瞬、コレは道を間違えたかな?と焦ったけど、なんとか教会が見えてきたので、ホッとしていたら、リリヤおばさんから、電話が … 。

5分前までに来ればいいとのことだったから、10分前に到着しようとしたのだけど、おばさんは、教会の前で、心配そうにフィルムを持って待ってたのでした。 ちなみに風船はどうやら、それは後でのお披露目パーティ用の道しるべだったみたい。



教会内にはたくさんの参列者が

リリヤおばさんはフィルムを渡すと、そのまま急いで中へ。うん、ウチがなかなか来ないから、焦ってたのかも。ごめんね〜。その後、車を停めたりして、やっと5分前に教会に入ると、既に中は人で一杯でした。慌てて、2階に上がって、まもなくすると …



入場

子供達が入場してきた〜。奥側の先頭がタニャちゃんよっ。ふむふむ、どうやら、この教会で式をするのは6人の様子。田舎の教会だから、やっぱり人数も多くないのかな。なんだか、みんな神妙な顔です。緊張してるのかなぁ?



表情が堅いぞぉ

ここでは、座ったり、立ったり、何かと忙しい子供達&牧師さん。参列者も時折起立する必要があるから、アイスランド語の分からないりゅは、周りを見ながらマネしちゃった。そして、牧師さんのお話やら歌やらが続くんだけど …

きっとありがたいお話なのだろうけど、毎度のコトながら、りゅにはさっぱりわかりませ〜ん。(笑)聞いてるフリをしつつ、キョロキョロしてたら、退屈してる参列者のお子ちゃまとしょっちゅう目が合っちゃったわ。




2階には聖歌隊?もいますよ 

もちろん、教会に付き物の、聖歌隊(小隊?)もいますよ〜。ここの教会は、近隣に点在する農家の人達の為のものだから、聖歌隊もその辺の農家の人なのかな?歌ってる最中に譜面を下に落としちゃったりと、みなさん、何気にお茶目です。(笑)

右は子供達1人1人に話しかけてます … って図なんだけど、やっぱり何を話してるかわかんな〜い。シミン君の時は「インターネット」とか「コンピュータ」って言葉は聞き取れたんだけどなぁ。今回はもっと固い話題なのかしらん?




何気によそ見中のタニャちゃん


本日のメインイベント?

タニャちゃんがよそ見してる〜、と思ったらおばさん達と何か話をして、親族のみなさんがゾロゾロと移動はじめちゃった。どうやら、これからメインイベント?みたい。なんて言うのかわからないけど(ネットで調べなさいって突っ込みはナシね)、パンとワインを口に入れてもらってます。りゅの書く文章と違って、実際はなんとも厳かな雰囲気だったのよ〜。



牧師さん、美声披露ちう と タニャちゃん

牧師さんの声は、歌のような言葉のような、神道で言うところの祝詞をあげてるような感じだけど、どちらかというともっと歌っぽいかな。(←と、りゅは思ってるんだけど、記憶違い?) 教会中に響いて、何となく姿勢を正したくなるような雰囲気でした。ところで、前回と教会が違うので、牧師さんも別人なんだけど、牧師さんによって式の執り行い方が違うものなのね。撮影係のたいちょはちょっと苦労してたみたい … 。



退室しますよ〜

滞りなく式も終わり、まずは主役の子供達が退室。と言っても、入り口でゲスト1人1人に握手しながらお見送りするんだけど、今回は、2階から降りていった、りゅとたいちょ。主役の子供達に行く手を狭まれて、出られず、でも写真を撮りたい、たいちょは頑張って出たせいか、握手もなにも出来ずだったのよ。まっ、しょうがないかぁ … 。



はい、ち〜ずっ♪

取りあえず、全員が退場した後で、記念撮影の為に、子供達は教会内に再集合します。ウチはリリヤおばさんに言われて撮りに行ったのだけど … 他のお家は家族が撮りに来ていて、牧師さん&子供と一緒に記念撮影してたのよ。で、タニャちゃんも家族を探したんだけど、その場にいたタニャちゃん関係者は、たいちょ&りゅのみ … 。

ひゃ〜、寂しい思いさせちゃって、ごめんねぇ。内心、「探してるよ、どうしよ〜」とは思ったけど、ウチもおばさん達がどこにいるか、知らなかったのよ。どうやらリリヤおばさんったら、気が早いから、”撮影は任せた”ってコトで、急いでパーティの仕度をしに戻っちゃったみたいでした。(_ _;)

でも、みんな、無事終わったってことで、笑顔だったよ。で、白い式服を脱ぐんだけど、あらぁ、中はみんなかわいいじゃないっ。思い思いの恰好をした子供達も、それぞれのパーティ会場へ向かったよ〜。




横から見ると、どう見ても馬小屋です … (^^;)

話変わりますが、あのぉ、以前フォトエッセイで、この家に住んでいた時に車の修理をした、と書いたんだけど、実は当時、この馬小屋の左半分をヘイミルおじさんが作業場&倉庫として借りていて、そこで、おじさんに手伝ってもらいながら、修理したのよ。で、ウチがここを引っ越すとほぼ同時に、持ち主がこの場所を使うからとの理由で、ヘイミルおじさんも作業場として使えなくなったのは、知ってたんだけど …



内装が変わってる〜

なんと、この4月から、バーになったみたい … 。(笑)最初に招待状をもらった時、「場所はうちの隣のバー」とあったから、バー?止まり木??えぇっ〜、まさか、馬小屋を掃除して、そこでパーティするのぉ?タニャちゃんが不憫だわぁ、なんて、思ったけど、本当にこんな↑バーが出来てたのよっっっ。あぁ、びっくりした。と言うことで、パーティ会場は元作業後屋のバーでした〜。



所々壊れてるけど と カードも使えるのだっ

まぁ、内部は四隅と限らず、あちこちガタはきてるんだけど、それでも、作業小屋だった時とは全然違った雰囲気なのよ。お世辞にもオシャレなバーではないけれど、こんなのもユニークでありかな。

ところで、このバーの利点は … ウマできても放しておく所あるってこと。ウマならお酒に酔って乗っても警察に捕まらないもんね〜。と言うことで、このバーのお客さんは近隣の農家の人達みたい。旅行者でもレンタルホースツアーで行ったら、面白いかも??



そろそろ人も集まってきたかなぁ?

会場を見渡す、リリヤおばさんとタニャちゃん。もう始められるかなって相談してるのかしら?それにしてもタニャちゃんの脚ってキレイでしょ。ミニスカートが似合ってるぅ〜。



ケーキカット♪

リリヤおばさんが「タニャがケーキを切るわよ〜」とでも言ったのか、みなさん、タニャちゃんを注目。タニャちゃんも照れながら、笑顔でケーキカットしてます。それにしても、子供だと思ってたのにタニャちゃんたらずいぶんと大人っぽくなったわ〜。ホントかわいい♪



お茶目なリリヤおばさん と 親子でケーキ中

で、最初にケーキを取り分けた2人は、席に着くと、なんとも真剣な顔でケーキを食べ始めたのよ。(笑)みんなが注目してるから、なのかしら?あっ、でも誰でも食べる時は真剣になるものよね?えっ?そんなことない?? もちろん、この後はお客さんみんな、ケーキなどをごちそうになったよ〜。



Johanna + Tanja

タニャちゃんは少し前まで、2003年のフォトエッセイ「夏休みの前日」に書いてある学校に通っていて、セルフォスの学校には、14歳になった最近行き始めたばかりなんだけど、パーティにはヨハナちゃんっていう学校の友達も駆けつけてたよ。ヨハナちゃんはセルフォスに住んでるから、教会も別で確認式はもう終わっちゃったんだって。

で、この子もまた、明るくていい子なのよ〜。しかもウチに気を遣って、誰かと話をするとすぐに英語に直してくれて … 子供なのにこんなに気を遣ってくれてありがと〜。ちなみにヨハナちゃん曰く、彼女とタニャちゃんは学校でも人気者のグループにいるそうな。って、どこの国でも女の子のグループ分けってあるものなのねぇ。




赤ちゃんタニャ と 今日のためのケーキ♪


十字架だよ〜

キレイでしょ〜?と十字架も見せてくれたよっ。日本だと大抵の人にとって、十字架のアクセサリーはただの種類の一つで、聖なるモノではないけれど、やっぱりキリスト教の国だと、意味合いが違うのよね。りゅはクリスチャンじゃないから、キリスト教を尊重すると、この国では十字架系は不謹慎すぎて、というか申し訳なくて身につけられないもんね。



プレゼントの前で

例のごとく?田舎式なせいか、段取りのないパーティだから、いつの間にかお開きの雰囲気になってたので、最後にプレゼントの前でパチリ。人影に隠れちゃったけど、裏にはたくさんのプレゼントがあって、ニマニマとってもうれしそうなタニャちゃんです。



祭りの後 …

帰る人がいたり、片づける人がいたり。手作りのパーティだからか、正装したまま、台車にモノを乗せりしてます。もちろん、たいちょもお手伝いしてたよ。 バー内はこの日だけ特別に、タニャちゃんの希望で禁煙だったから、入り口付近にいるのは、片づけてるんじゃなくて、タバコを吸ってる人達だったするんだけどね。



お楽しみ! プレゼントを開ける時間だよ〜♪

さて、片づけもすっかり済んで、お家に戻ります。ここでは本来、親族の前だけでプレゼントを開けるらしいんだけど、毎度のコトながら、なぜか、一緒にいる、りゅ+たいちょ。(笑)まぁ、たいちょが写真を頼まれてただけなんだけどね。写真右は、お父さんからのプレゼントを開けてるタニャちゃん。開けられたプレゼントは、お披露目としてそのまま親族の間を1周してたよ。

ちなみにウチが3日前に招待状が来たわりに、慌てなかったのは、 … こんなこともあろうかと、半年以上前からプレゼントを用意してあったのだ〜。準備万端ぶりが素晴らしいでしょ?だってぇ、今年がタニャちゃんの確認式の年ってコトはわかってたし、毎度のコトながら、突然で慌てるのはイヤだったんだもん。結果的には予想通り、突然だったし … 。(笑)それに、呼ばれなかったら、何かの機会にタニャにあげればいいだけだったしねっ。



「ずる〜い、ボクのよりもいいっ」

ソニーのデジカメをもらってうれしそうなタニャちゃん。それを見て、お兄ちゃんのシミン君が「ちょっと見せてよ … … あぁ〜ボクのよりいいやつだ〜、ずる〜い」と大騒ぎ。タニャちゃんも自慢げだったけど、そりゃ〜、しょうがないよ、シミン君。キミの確認式から3年も経ってるんだもん、デジカメも進化するってばぁ〜。(笑)



最後にパチリ

最後に残ったフィルムでちょっとだけ記念撮影しようとした、たいちょ。でも … あのですね、プレゼントのお披露目が終わったら、タニャちゃんったら遊ぶ気満々で、とっとと着替えちゃってるじゃないのよ〜。なんだか、いつものタニャちゃんに戻っちゃったっ。とりあえず、りゅもたいちょの脇でパチリと撮ったけどさ … 。



と、トランポリン中

でも、何をして遊ぶかまでは、想像できなかった、りゅとたいちょ。なんと、近隣の子供達とトランポリンで遊んでます。(^^;) あはは、”大人っぽくなった”って前言は撤回だわ。14歳になったとは言え、まだまだお子ちゃまなタニャちゃんなのでした。(笑)

それにしても、向こうに見えるのは、やっぱり、バーじゃなくて馬小屋にしか見えないよ〜。



もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ