毎週1回何かしら更新・・・予定(_ _)ゞ
詳しくはWhat's new?をご覧下さい

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。 ばっくなんば〜は こちら



「ミゾが … 」

2004年7月21日


馬と遊ぶ?おたるさんとお友達♪

さて、前回のフォトエッセイで、しーさんが出発した日、今度は掲示板にも、たま〜に登場していた、おたるさんが友人と遊びにやってきました。と言うか、前回書いた引越後、うちに最初に泊まる予定だったのは、彼女たちだったんだ。

それにしても、この2人、とってもさわやかながら、遠慮深く、うちに遊びに来ることは前から決まっていたのだけど、その夜はHveragerdiのユースに予約を取ったっていうじゃないですかっ。んもぉっ。ただ、案の定というか、予約時間になっても受付の人が現れなかったというので、正式な予約でもなかったようだし、うちに引き留めちゃいました。

でね、この2人は登山の経験があるようで、やっぱり、アイスランドに旅行に来る人は、こ〜ゆ〜自然好きな人が多いよね。そうそう、北海道なんかで登山する時は、匂いで熊が寄ってくるから、カレーがダメなんだって、知ってた? りゅは考えたこともなかったよ。とにかく、面白い話をいろいろ聞かせてもらって、楽しい時間を過ごせましたぁ。





ルバーブの周りで(左) とルバーブってこんなの(右)

翌朝は、庭に生えてる、ルバーブと食べられる雑草なんぞをお見せしちゃったりして。ルバーブってのはね、西洋ふきのこと。この茎の赤い部分をと根本の白い部分が食用なのよ。でもって、これがね、ジャムにするのがものすご〜く簡単なの♪お水とお砂糖を一緒にお鍋に入れて、30分もコトコト煮ると、あら、それだけで煮くずれちゃうんですね〜。お料理苦手のりゅでも出来る、簡単手作りジャム。酸味があって素朴な味でおいしいよ。特に、茎の部分は甘みが強いから、そこだけ集めたジャムを作ることもあるんだって。

アイスランド人はお塩は入れないみたいだけど、うちでは甘すぎるのが苦手なので、お塩をちょぴっと入れて、味を加減してます。まぁ、あんこにお塩を入れるようなものかな?このルバーブのジャムは、アイスランド式パンケーキ(見かけはどちらかというと、焦げ色の付いたクレープに近い)やワッフルなどなど、アイスランドではよく見かけるんじゃないかな。

私信:と言うわけで、Chaiさ〜ん、これがルバーブですっ。

あとはレモン風味の葉っぱもサラダなんかに入れて食べたりします。でも、りゅは1度間違って、他の葉っぱを口に入れたら、不味かったぁ。なので、試される時は気を付けてくださいまし … 。(^^;)

あと、大家さんが「これ、スープに入れるのかい?」って聞いてきたから、どうやら、うちの庭にはもう1種類食べられる草があるらしいのよ。茎を使うみたいなんだけど、りゅにはよく分からないし、写真もまだ撮らなかったから、お見せできないんだけどね。





ぱっと見は普通の車 なかなかよろしそ〜なんだけど … ?

さて、今回、おたるさんたちはレンタカーを借りて、時計回りに1号線を10日かけて(2週間だっけ?)1周したのだそう。季節柄天気も良く、1度も雨に降られなかったんだって。こっちでは雨もあったから、相当運が良かったのかな♪

ただ … 恐ろしいことに、おたるさんたちの借りたレンタカーは、右の後輪を除いて、残り3つとも縦にしか溝が残らないほどツルツルだったんです。見てよ、↓コレ。





すり減ってるのわかる?

最初にゲストハウスまで車を持ってきてもらい、ゲストハウス内で鍵を受け取ったんだって。だから、車の実物を見られず、気づいた時は、レンタカー会社の人はもう去った後。で、やむなく出発したらしいのだけど … 。あまりのすり減り加減に、場所によっては法定速度すら出せなかったそうな。そりゃそうよね。この減り具合だもん。

っていうか、旅行中にバーストなんぞした日には、まさか、おたるさん達が、その料金を支払わなきゃいけないのかしら??? アイスランドだからなぁ。それくらい言いそうだわ。 っていうか、そう言えば、前にヤリスのレンタカーで旅行した友人は、タイヤがバースト(←パンクじゃないのよ)したって言ってたっけ。その時は、自分たちで払ったって言ってた気がするぞぃ … 。

不幸中の幸いは4本中1本がまともだったので、彼女たちがすり減らしたとは言われないこと。でも、とりあえず、そんなことに時間は費やしたくないものね。まぁ、何かなんて、起こらないに越したことはないけど、でもでも、こんなタイヤコンディションで普通に運転してたら、事故ってもおかしくないよ〜。

ちなみに、レンタカー会社名は「RAS car rental」。





もっと近寄ると、こんなん↑(^^;)

でね、りゅは、あまりにもびっくりしたので、おたるさん達出発後、RASのウェブサイトへ行ってみたよ … 。そうしたら、今度は思いっきり変な日本語までみつけちゃうし。まぁ、それは、関係ないことだから、いいんだけどさ。で、とりあえず、撮った写真をまとめてレンタカー会社に連絡してみた所、すぐに返事はあったのだけど … りゅ的には、あまりにも驚く内容だったので、英文のままだけど、ここに載せちゃおう … うん。(ー_ー;)

Dear りゅ

Thank you for your mail.

I am always very unhappy if our customers are not satisfied and I claim we have cars in very high standard and condition. I even think you can't find higher standard in our country.

Even I say so I can agree in this case I would see tires in better condition but it is within European standard and does not cause renters was not safe enough driving within our country speed limit.

I see these customers had the car at guesthouse in Keflavik close to the airport. I don't know they looked at the car but we are there in the neighborhood and have airport service station about 1000 meters away.

Thank you let me know about this Alta Vista Babel Fish translate system. It is only international service from Alta Vista and is not as 1st class translates between languages.

Through the years we have had a very many happy customers from Japan and many of them coming again and again from very many years.

Thank you for let me know about the unhappy customers and I hope we can have in the future good cooperation and a happy customers from Japan.

Best regards, RAS Car Rental Hallgr(文字化けで読めず)ur Bogason.

注目すべきは

”I claim we have cars in very high standard and condition. I even think you can't find higher standard in our country.”と”but it is within European standard and ... ... ... ”

適当意訳してみると、

うちの車はねっ、ハイスタンダードとハイコンディションだよ。ボクが思うにね、キミ達はうちより良い基準の車はアイスランドじゃみつけらんないんじゃないのぉ?しかも、これがヨーロッパのスタンダードだもんね。

ってな感じです。いや、口調はもっと丁寧だけどさ、このタイヤがヨーロッパのスタンダードですって???りゅは一瞬バカにされてるのかと思ったわよっ。(#-"-) おまけに、さりげなく遊びに来ていたアイスランド人の友人に見せた所、絶句してたんですけどねぇ。

しかも、彼らのレンタカー会社が、たった1キロしか離れてないってことを言ってるしさぁ。普通、旅行者がそこまで位置関係なんて、把握してると思ってるのかね? とりあえず、最初から、こんな状態で貸し出すなよ。プンプンッ。





RAS car rentalですってさ

 
ってなもので、このタイヤの状態が安全と見なされるのか、タイヤの写真にりゅのメイルとRASのメイルを添えて、ただいま法務省?と車検場の大元に質問中です。答えてくれるかなぁ?まだ、返事は来てないので、きたらこちらに載せますね。っていうか、こんなに危ない状態なんだから、ちゃんと答えてくれると思いたいけど。

と言うわけで、アイスランドで車を借りる時に注意することは、


車を見ないで借りない。

できれば「Hertz」「AVIS」などの大手レンタカー会社にする。
(それでも、確認は忘れずに。これらの会社でトラブったら、ぜひ当サイトまでお知らせください。事実確認の上、取り上げます。)

ちょっとでも気になる所があったら、「まぁ、いいや」と思わず、たとえ相手が「大丈夫だよ」と言っても、きちんと交換してもらう。(相手の大丈夫は根拠がない場合もあります。「何かあった時、責任取れるの?サイン入りで一筆書いてくれる?」と聞いてみると良いかも。煩いことを言う客になりましょう。)


ってなところかな。少なくとも、アイスランドを1号線に沿って走るなら、妥協はしない方がいいと思うよ。気を付けて楽しい旅を送ってくださいな♪















もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ