毎週月曜日頃更新 -氷国時間-(^^;)

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。 ばっくなんば〜は こちら



「旅の終わり」

2002年8月 21日


Gardskagiの灯台



 
先週末にさんきち・のりにゃん両氏をお迎えしたばかりだと思っていたら、あっという間に、最終日。ありきたりだけど、時間が経つのって、本当に早いもの。と言うわけで、この土曜日は、お二人のお見送りをかねて、出かけてきました。



「散歩のススメ」近くで

 
当日の天気は抜けるような晴れ空で、いい気持ち。まずは、お二人の宿へお出迎え。でも約束時間ギリギリに到着したりゅ達を、外に出て待っていてくれました。うう…ごめんなさい。とりあえず、Dataの中の「散歩のススメ」にある海岸沿いの散歩道へ行ってみました。写真の場所は、下が下水処理場(だったはず)だけど、景色がとってもいいのです。この時間じゃ、見られないのが、残念だけど、夕陽がとてもきれいなんだよ〜。ちなみにこの日は、レイキャヴィクマラソンの日。11時に始まるので、それまでに、主要道路から、抜け出さなきゃ。(笑)



何が見えてるのかな?

 
ぱ〜るのコーヒーハウスが10時に開くので、それに合わせて、出発!もちろん、お目当てはアイスクリーム。とは言え、せっかく来たのだから、景色くらいは楽しみましょ。風もほとんどなくて絶好の観覧日より。もちろんここからも、レイキャヴィクの街並みがよく見渡せます。右の写真手前は、人口の間欠泉。13時〜17時に吹き出します。



食べるわ、食べるわ(笑)

 
そして、アイスクリームに突撃っ。(笑)みんな朝ゴハンを食べたばかりだというのに、よく食べます。だって、デザートは入る所が違うんだもんっ。ここでも、おいしい所を素早く、ちゃっかりつつく、りゅとさんきちさん。そして、みんなの残り物のソフトクリームやアイスクリームを片づけるたいちょに、のりにゃんさんと、仕事が分担されてました。(笑)へへっ。んまいっ。ごちそうさまでした〜。ひょっとして、のりにゃんさんもたいちょも苦労人なのかしら?

ここのアイスもおいしかったけど、りゅはやっぱり、ここのソフトクリームが1番好きだなぁ。よそのはもっと、コーンスターチの味がしちゃうんだもん。ちなみに、ソフトクリームを注文する時は、「アイスクリーム下さい」と言って、サイズも選んでね。



あやしい東洋人集団!

 
アイスを堪能し、満腹になったので、のんびりとケフラヴィク空港方面へ。途中で、うわさの?Smaralind(モール)に寄り道しました。ガイドツアーよろしく、中を一通り、連れ回すたいちょ。ここはいちお〜、現在アイスランド1大きいショッピングモールで、それが売りみたい。

フラフラ歩いていたら、突然たいちょが「こんにちは!」と呼びかけます。ん?誰に言ってるの?と思ったら、少し離れた所に、掲示板に時々現れるkazuさんを発見しました! いやぁ〜偶然というのはあるんですねぇ。聞くところによると、彼女の家の前がマラソンのコースらしく、11時を過ぎると、家を出られなくなってしまうので、出て来ちゃったそうです。

そうそう、彼女曰く、このモールのお店がもう1件潰れたらしいですよ。(笑)昨年10月にオープンしたばっかりなのに、びっくりです。うちも前回来た時、土曜の昼下がりという、本来なら1番込むべき時間に、ガラガラで、「こんなんで、採算取れるのかな」とびっくりしたもんね。

映画を見たりするならいいけど、それ以外だったら、観光客には、土産物店もある、Kringlanで十分だと思います。似たような物しかないのに、スペースが大きいと、その分、歩き回らなきゃいけなくて、疲れちゃうしね。あっ、コレはりゅの体力がないのが問題とも言う・・・。でも、映画館は座席がとてもいいそうで、kazuさんがオススメしてましたよ♪



レイキャネス半島

 
チェックインの時間まで、少し余裕があったので、ケフラヴィクの先まで行ってみました。りゅもこの辺まで来るのは、初めて。何があるのかなぁ、と思ったら、灯台が2つあったよ〜。だけどこの灯台の前にはロープが張られていて、本当は行っちゃダメな雰囲気・・・だけど、目の前にあった、軽トラックがいなくなったのを、いいことに、くぐって行っちゃいました。(笑)なんか最近、こんなのばっかりだなぁ。でも、何も書いてないんだもんっ。←言い訳。

でもね、歩いてみたら、ロープでふさがれていたわけが分かりました。ここ、チェーンも何も張られてないんです。(ー_ー;)見えるかな?風が強かったら、海に落ちれそう・・。しかも、灯台の陰には、右の様に、作業台まで、ありました。まだ、オープンしてないのかな。ここに来るのは、もうちょっとしてからの方がいいのかもね。



海がキラキラしていて、なかなかよろしい。


振り返ると・・・

 
さっきの灯台を振り返ると、こんな感じ。どうやら、こちらはミュージアムのようです。だけど、閉まってる〜。残念。なので、近寄っていって、試しに芝生の上に寝ころんで写真を撮ってみました。潮の香りがして、お日様ポカポカで、とっても気持ちが良かったのだ。このまま寝ちゃいたいくらい・・・。



なぜに…お墓?

 
いつまでも寝てるわけには、いかないので、出発しなきゃね。空港に戻る途中、お墓を見つけて、立ち寄る日本人・・・。一体何してるんだか。(笑)でも、お墓の散策は、いろいろ見られて、興味深いのですよ。色とりどりのお花が、植えてあったりして綺麗だしね。切り花よりこっちの方が、汚れなくていいと思うんだけどなぁ。でも冬だと無効なのか…



ケフラヴィク空港内

 
残り少ない時間もどんどん、減ってしまって、もう、14時。ひぇ〜ん。なので、ついに空港へやって来ました。着いたとたん、突然、床でゴソゴソ始めるのりにゃんさん。大事な荷物はちゃんとしまわなきゃね。ちゃんと無事届きますよ〜に・・・。右上の写真は、とりあえず、チェックインを済ませる2人を撮るたいちょ・・・と思ったら、お目当ては、カウンターのおねぇさんだったみたい。(笑)すごい美人だったらしいけど、失礼なヤツめ。下向いちゃって、残念でしたぁ。



 
ボーディングまで、まだ、時間があったので、最後のお別れに、空港内のキャンティーンへ行って、またまたおしゃべりしちゃいました。日本とアイスランドって、いくら簡単に来られる時代とは言え、やっぱり遠いもんね。みんな、話す、話す。

でもって、ここでお腹の空いていたりゅとたいちょは、しっかり、食事を頼んじゃいました。何をしてるんでしょう。(笑)お見送りというより、食事に来てるみたいで、すみませ〜ん。ただ、ここのお食事は、お魚は凍ってた物だし、付け合わせもパックされた野菜でした。まぁ、空港だから、いいんだけどね … 。食事が終わって、お腹が充たされたら、お別れの時間でした。うわぁ、あっと言う間だぁ〜。



 
1週間って、長いようで短いなぁ。本当にお別れだぁ〜。さよぉなら〜。

今回の旅行、楽しめたかな?また遊びに来てね〜。とお見送りついでに、写真を撮ったんだけど・・・後で見たら写真禁止マークを発見しちゃいました。気が付かなかった・・・ごめんなさ〜い。関係者の方、もし、問題なら連絡下さいね。って、見てないかな。

それにしても、さんきち・のりにゃんさん、お疲れ様でした〜。ロンドンで置いてきぼりになった荷物も、じき着くそうで、よかったですね〜。コレに懲りず、また来てくださいな。










もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ