少なくても毎週土曜日更新 -氷国時間- (^^;)

ウエストフィヨルズから送るふぉとえっせ〜。


ー諸物価 其の弐ー

2001年6月26日

 
さて高い高いと悪評?の北欧諸物価。その実体は?ってことでアイスランドの諸物価第2段は一般食料品だっ。スーパーへ行って写真を撮って来たぞぃ。


レートは ここ を参照してくれぃ。

 
コレは↑隣村郊外にあるこのエリアで一番大きなす〜ぱ〜まけっとの店内。その名も「BONUS」・・ほとんど安売屋そのまんまっていうネーミングだね。ここは比較的新しい店でハッキリ言ってバッタ屋的要素がふんだんに盛り込まれている。おそらくアイスランドで一番安いチェーン店だと思うよ。ま、総店鋪数10件程度だと思うがね。品揃えも他より取り立てて多いわけではないが毛色の変わった物が置いてあって、もしかすると2度と出会えない商品に巡り会う事もあるから商品チェックは欠かせない。(←もちろん見つけたら買い溜め。)

その一つが最近見かけなくなったけど、かのパスタで有名なブ○トーニの日本への輸出用商品。一体どういうルートで仕入れているのか知りたいね。500g入りkr.39で売られていたと思うがこれって日本と比べても高くないと思うよ。日本語記載されてるし(笑)。でも「湯で時間8分」なんて日本語で書いてあっても誰が読めるんだ?とりあえず、基本的にパスタ類は安いです。


 
ついでにカップヌードル (1コkr.89) と日清製ら〜めん (1コkr.35)↑
やっぱり日本製の麺はうまいね。アイスランドでこんなのが買えるとは思ってなかったです、はい。ちなみにカップヌードルは日本のそれと違い、卵・角切り肉・エビは入ってません。具は乾燥野菜だけのトホホな仕上がり。


 
まぁ、日本製品ばかり見ていてもしょうがないので次は野菜売場↑へ。この国ではパック入りのモノを除いて基本的に価格はキロ単位で書かれてる。しかもこの近隣では計りが置いてないので自分がどれくらい購入しているのか分かりにくい。現地人はレジまで行って量らせてもらってるみたいだがね。以前りゅはマッシュルーム1キロkr.700という価格をみつけた時に一瞬100グラム kr.700かと勘違いして焦ったことがあるんだが・・紛らわしいぞぉ。でもここが出来たお蔭で比較的新鮮な野菜が買えるようになったんだからアイスランド人も「草みたい」なんて言わずにどんどん食べればいいのに。

参考までに先週の価格はこんなもんだよ。(コレは夏場価格)


きゅ〜り kr.257
とまと kr.189
り〜く kr.339
赤ぴ〜まん kr.559
緑ぴ〜まん kr.375
まっしゅるーむ kr.595
にんじん kr.235
たまねぎ kr.47
西洋かぶ kr.119
じゃがいも kr.149
ぶろっこり kr.339
はくさい kr.225
れたす kr.259
きゃべつ kr.69
あぼがど kr.299
青りんご kr.145
りんご kr.149
おれんじ kr.159
ばなな kr.159
きうい kr.249
ぶどう kr.439
 
まぁ、きりがないんでパック入りのモノは省いちゃったけどこんなかんじ。ちなみにうちの村だと一部を除いて商品価格プラス kr.200増しってところかな。


 
ここが巨大冷蔵庫↑。というより店内の一区画を仕切ってそのエリア自体を冷やしている。おかげで長時間いると結構寒いので買い物はお早めに。牛乳 1リットルkr.75、卵12コ入り kr.175ほど。肉類も野菜同様に価格設定はキロ単位だからパック毎に価格が違うのでここに書くのはちょっと難しいんだけど豚コマ1キロkr.1000くらい、丸ごとチキン1キロkr.700くらいかな。

この店が出来たお蔭で他店の価格が下がってりゅは嬉しい限りです。って、今まで、君たちボッてたのかい?エンゲル計数高すぎだよ。他店は価格ではこの「BONUS」に負けちゃうのかオリエンタルな商品が置かれ始めたのもうれしいところ。まぁ、変り種は次回(←”そのうち”と読む)というコトで。




もっと見るっ