できるだけ更新・・・予定(_ _)ゞ
詳しくはWhat's new?をご覧下さい

アイスランドから送るふぉとえっせ〜。
ばっくなんば〜は こちら



「冬から春の出来事」

2009年4月28日


去年の10月に撮った豆腐♪

ひゃ〜、ずいぶんとご無沙汰しちゃいました。え〜と3ヶ月ぶり??ここまで更新しなかったのはさすがに初めてじゃなかろか。せめて月1くらいでは更新したいなぁ。

さて、写真を整理してたら↑が出て来ました。どうやら、去年の10月末のものみたい。その1ヶ月くらい前の金融危機発覚前に買った時は約半額だったから、すごい値上がりよね。って、空輸品は為替がすぐに影響するのか、特に値上がりが酷いし、しょうがないか ... 。



右はオーガニック素材で作られたビール

次に12月初旬に買ったビール写真を発見。と言うか、空っぽですみません。 実はウチ、アイスランドに来てから酒屋に続けて買い物に行った事なかったのに&行ってもお客様が来るとき用か、調理酒(飲用として販売されてるんだけど)しか買ってなかったのに、この時は1週間に2回も酒屋行っちゃいました。

しかも在氷○○年の内、一般店頭で買えるライトビール(低アルコール度数のビール)さえ片手で足りるくらいしか買ったことなかったのに、この時初めてアイスランドの酒屋(アルコールは専売品)でビールを買っちゃいましたよ。

おまけでサッポロビールをみつけたので、一緒に買っちゃったけど、ウチってホントお酒を飲まないのよね。結局↑を飲んだのは1月も下旬でした。それにしても、サッポロビールをアイスランドで飲めるとは ... ちなみに右のビール「SKJALFTI」(名前の由来は2000年の地震)はちょっと甘めなお味でした。



湖畔は散歩する人、スキーする人

さて、話変わって、去年の冬の初めから雪が降るのをず〜っと待ってたんだけど、なかなかしっかり積もらなかったのよね。で、結局ウチの周りで写真がちゃんと撮れるくらいしっかり積もったのは1月の31日でした。大雪の北部と違って、南部は本当に暖冬だったのよね。ついでにREYKJAVIKまで足をのばしたら、積雪がたまたま週末に重なったせいか道中雪遊びする人がたくんさんでした。あのぉ、確かいま、経済危機中だったと思うんですが ...



遊び帰り?の車が並んでるぅ〜

労働時間が減ったし、ISK大暴落で国外へ出るのは大変だから、みんな国内でまったりゆったり過ごしてるのかな?まぁ、すでに持ってるモノ(スキーやらスノーモービルやら何やら)で遊べば良いんだもんね。帰りも普段はここまで車が並んでるのを見ないほど、1号線に入ってくる車が並んで走ってました。



馬が走ってく〜

今度は別の日。とにかく雪が積もった晴天になる度に連日出かけてたから、おかげで白銀にキラキラ輝くお日様という、結構きれいな景色をたくさん見られました♪



ぐるぐる巻きだぁ

ところで、どうしても1ヶ所、両手を使ってよじ登らないと行けない場所で撮影したかった、たいちょ。諸事情からリュックもバッグも使えないので、カメラをぐるぐる巻きにして、出陣してましたっ。そしてこの日のThingvellirの気温はマイナス14〜17度ほど。その中行ってるたいちょも寒かったけど、待ってたりゅも寒かったよぉ。

車内なのにダウンに羊毛ポンチョにとこちらもかなりぐるぐる巻きだったけど、耐えられず使い捨てカイロを使っちゃう程でした。それにしても、羊毛って暖かいのね。最近フリースは全然使えず、カシミヤも薄い分どうにも物足りなくて、モコモコの羊毛を重宝するようになりました〜。寒い所では靴下もズボンもビバ毛物!アイスランドのウールセーターも大好きです♪



アイゼン必須 と お馴染みGullfoss

さてさて、今度はGullfossへやってきました〜。ここからだと見えないけど、かなり際まで寄るので、アイゼン必須なんです。なんたってすぐ脇はあの水流ですからねぇ。最後の一段を降りようとして、足下が水が凍った所か、地面の上に氷が張っているのかわからなくて、夏の記憶を一生懸命掘り起こしたのだとか。しかし、いちおピッケルとザイルもあったのに、使わなかった、たいちょ。落ちたら命はないのに、無茶し過ぎですってば ... 。(^^;)

でもアイゼンは重宝したみたいですよ。なかったら、↑には絶対に行けなかったですもん。他にはGeysirやThingvellirのgjaを通過した時も大活躍だったようです♪ 特にGeysirは吹き出したお湯が凍り足下がかな〜り滑るみたい。しかも段差のある氷なので、ペンギン歩きもしにくいから、ここまでのアイゼンはいらないけど、簡易アイゼンはあると安心かも、って言ってたっけ。そう言えば、数年前にりゅが歩いた時も滑ったような記憶が ... 。

ただねぇ、この時点で2月9日なのに、この日以降、ウチの撮りたい場所の雪がなくなっちゃったのよ〜。(涙)



やっと雪が降った〜 Kerid

そして2月9日以降、あと1回は積もると思いつつなかなか雪が降らず、気付いたら3月29日になってました。降っても量が少なくて白で覆わなかったり、その後悪天候だったり、すぐ溶けちゃったり、一時期はもう今期はダメかと思っちゃったよ。去年は雪が多すぎて困ったけど、今年はまさかここまで雪が少なすぎて困ることになるとは思わなかったもん。いやぁ、長い待ちでした。でもおかげでこの日のお天気は最高!なのに火口湖の写真がなくてごめんなさい。だってぇ、りゅは車内待機組なんだもの。あはは

そう言えば、観光バスから入場料を取るようになってから、観光バスは寄らなくなったKerid。でもジープツアーの車はたくさん停まってましたよ。



テクテク いってらっしゃぁ〜い、たいちょ(左)

そしてやって来たのがここ、Gullfossの下流です。2002年のフォトエッセイ「ちょっとだけゴールデンサークルツアー」でBBQした場所なんです。雪が覆うだけで全然雰囲気が違うでしょ?

とりあえず、撮らなきゃならない雪景色を撮り終えて、ほっとしたのでした。まだまだ撮影はたくさん残ってるけど、雪景色はとりあえず終了して良かった〜。



Hafnarfjordurの港

さて、今度はHafnarfjordurにやって来たよ。いやぁ、港ってなんだかかわいいよね。(←すみません。単にりゅがこの手の船が大好きなだけデス。(^^;))普段カモメが飛んでくる距離に住みつつ、海は目にしないから、勝手にワクワクしちゃったよ。



そんなこんなでやって来たのは ...

小さな芝居小屋でした。実はここでも時折登場するAsdisが演出するお芝居のお手伝いに来たんです。と言っても ...



パチリ・パチリ♪

Asdisのコンパクトカメラの代わりに撮ってるだけなんですけどね。なので、撮影に来たんじゃなくて、気分はコンパクトカメラの代理です。ってか、それ以上でも以下でもナイです。(^^;) それにしても照明が良いって素晴らしいのねぇ。照明の重要性を再認識したら、たいちょに「当たり前だろっ」って突っ込まれちゃった。ちぇぇっっ



昔からの織物

このベッドカバーは昔からある織物なんですって。(うろ覚えだけど、sagaの時代からと言っていたような)古い織り方ってことなのかな。

そう言えば、この日はこの場にAsdisの他に女優さんと照明さんとウチ2人の計5人4組がいたんだけど、その場に4台のMacBookがありました〜。アイスランドって人口が少ない割に極地集中でMac使いがいるのよねぇ。



思いっきり壊れてる〜

さて、またまた別の日のこと。いつも行くカメラ屋さんに寄ったら、なんだか穴があいてるんですけど〜。でも、刑務所に勤める友人曰く経済危機発覚以降、20〜30%増えたと言ってたから、コレもてっきり国内の犯罪が増えた結果かと思ったけど、ただの事故だったそうな。車が突っ込んで来て、店内がグシャグシャになったとか。お気の毒です〜。




Black Death? はい、Brennivinです

ところでみなさん、Brennivinってご存知です?アイスランドのお酒でリコリス入りウォッカの一種なんだけど、今回少量を日本へ送付したのね。で、Brennivinを引き取りに行ったTNTから「このまま送ったら、日本へ着く頃には全部割れてるから、再梱包に来て」と言われて来てみれば ...

なんですか、このただ突っ込んだだけなのは〜!!!まさか仕切りも何もナシで箱に突っ込んだだけだとは思わなかったわ。これがアイスランドのスタンダードな国内仕様らしいけど、こんなの梱包って言いませんっ。しかも、下のミニチュアボトルは箱の底に2本入っていて、その上に無造作にラップがグルグル入っているだけ。しっかりボトルは動いてお互いにぶつかってましたよ。せめて個別に包むとか出来ないのかしらねぇ。これのどこがwell packedなんだよ〜。(涙)



再梱包ちう

りゅはテープを切るくらいしかお手伝いが出来ないので、ほとんど見てただけ。なので、たいちょがひたすら梱包ちうです。で、見かねた?のか、暇だったのか、脇で見ていたアイスランド人青年が詰めるのを手伝ってくれました。箱もキチキチに詰まった3箱では、梱包後にどうにも入らないので、彼ががTNTの箱を4箱用意してくれたんだけど、箱詰めも終わり、ふと箱を見たら ...



DO NOT send fragile items, liquid .....

って書いてあるじゃないかぁ〜。すみません。ガラスボトルなんで思いっきりfragile でしかも liquid で、おまけに微妙にやり方に寄っては可燃性かもしれないんですが ... 。

びっくりして尋ねると、「良いんだよ」とあっさり。まぁ、ウチは端からアルコール度数も伝えて「Brennivinを送れるか?」と尋ねてかなり長いやり取りをしていたワケだし、良いってことなんでしょね ... 。

そうそう、メイルで何度もやり取りしていたおねぇさんがモデルさんみたいにめちゃくちゃキレイだったのよ。写真がないのが残念だわぁ。でも彼女が「日本へはエコノミーで4〜5営業日とあるけど、実際は11営業日かかることがわかった」と言ってたのに、実際は4〜5営業日で成田に届いたのよね。う〜ん、ラッキー??



またもや劇場にやってきました〜

さてさて、先日のお芝居が初日を迎えたので、観に行って来たよ〜。と言っても、全編アイスランド語の一人芝居なので、はっきり言って、ウチには理解不能なんだけどさ。

ちなみにここはバイキングホテルの奥と言うか、隣にあるのよ。あのへんてこ?な建物をフライバスで来る途中に見た事ある人いるんじゃないかな。



Odo a Gjaldbuxum 上演中♪ と 終わって ...

アイスランドの民間伝承と今回の金融危機を合わせたシニカルホラーだったらしいんだけど、事前に聞いたあらすじは日本人には内容的に下ネタ入ってるように感じるかも。こっちのその手の話ってホント、どぎついのが困り物なのよね。(下ネタ系ジョークはきつすぎて笑えないんだもん ... (^^;)) ただ、言語は判らなくても女優さんの演技が良いのは判ったかな。それにしても1時間半も1人で話し続けるって大変だよね。



みなさん、歓談中

初日と言うことで、あの後ちょっとおもてなしがありました〜。それにしてもAsdis自らバーカウンター内で働いてるしぃ。

そうそう、興味のある人は全部アイスランド語だけど www.hhh.is/ へ行って「Odo a Gjaldbuxum」(アイスランド文字含む)をみてね。ただ、↑のサイトに掲載されてる写真が最悪なのよ。リサイズする時に何を間違えたのが、ジャギジャギのギシギシ。劇場のWEB担当者の仕事らしいけど、Asdisが再三直すように言ってるのに、未だこのままだなんて ...

本当に良い仕事をする人も一部にはいるけど、職人さんが少ないと言うか、WEBに限らず何でもプロ意識に欠ける仕事ぶりなのに自称プロで、お金だけプロ並みにしっかり取る人が多過ぎに感じるかなぁ。Asdisの為にも早く直してもらえるといいな。



22時近いのにこんなに明るいよ

とりあえず、芝居小屋を後にしたら外はこんなに明るかったよ。いやぁ、夜のない季節が近づいてます。

そうそう、この冬〜春はReykjavikへも比較的行ってたけど、”あの1号線の峠越え”で1度も吹雪かれなかったのよ! 強いて言えば、この日の霧がかな〜りイヤだったけど、地面も見えてるし、吹雪より遥かにマシだったかな。(りゅは運転しないから、何でも言えるんだけどさ)いやぁ、南部は本当に暖冬だったのね。

とりあえず、次回の更新は5月中旬から末を目指しま〜す。



もっと見るっ


アイスランドで作った「さばいばる日本食」は ここ からどぞ