• BBS 連動

  • 「マーク」



Data

掲示板の789番でゆかさんよりあった質問がコレ↓。

変なお願いというのはですね、、。これ、りゅさんに真実を教えて欲しいっていうのもあるんですけど。レイキャヴィクの街中(Photo Essayの「レイキャヴィクの街中」っていう2枚のうちの右側の写真(広場っぽくて銅像がたっているちっちゃな丘があるところ)の近く)にある船舶会社かなんかのビルなんだけど、その会社のマークがナチスのマークに似てるから昔は結構ヤイヤイ言われたらしい、という話を聞いたんですよね。

本当に似てた、というか実際私もナチスのマークがある、と思ったくらいだったんです。その「証拠写真」と「真実」が知りたい、、。どうやら碇をイメージしたらしい、という情報くらいしかしらないんです。お時間があるときにでも(もしりゅさんも興味あったらでいいんですけど)お願いします〜。

この間レイキャヴィクに行ったときに写真を撮ってきました。確かに似てるぅ。ただ、時間が無かったのと、土曜日だったのとで、直接お話を伺いには行けなかったんです。ごめんなさい。ただ、EIMSKIPって、確かこの国最大の船舶会社なんですよね。この建物は現在の本社ではないけれども、EIMSKIPの所有物。そう考えるとどうなんでしょうね。創立した年が、ちょっとよく分からないので、なんとも言えませんが、とりあえず、今回は「証拠写真」をお届けします。

Data Data

しかし、似てるなぁ・・・。

先日グラさんより、メイルを頂きました。

Eimskip

運送会社Eimskipのマークですが、あのマークは昔の(アイスランドでは今でもありますが)北欧神教の神様ソールのハンマー(Thorshamar)です。Eimskipはナチスが台頭する以前からあのマークを使っていて、変更することは考えていないそうです。

だそうです。なるほどぉ。そんなに古いんじゃ、代えるいわれもないですもんね。やっと謎が解けました。グラさん、ありがとうございました!でも、やっぱり、北欧神話に馴染みの薄い、外国人観光客から見ると、奇異に映るでしょうね。ひょっとして、毎年そう言った質問を受けてたりするのかしら。



© 2001-2011 coldnature.is